週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:薬害肝炎 ( 1 ) タグの人気記事
薬害肝炎、法案で合意。――やればできるじゃないか!
これこそ、政治!――ほんとうにすばらしい。
今日、薬害C型肝炎訴訟の原告団と与党のプロジェクトチームが、
救済法案の内容について合意した。

法案では国の責任と謝罪を前文に盛り込み、
被害者の病状が進行した場合の追加的な補償などに備えて
基金を創設する方針も固めた。

鈴木利広全国弁護団代表は「われわれの意見は
すべての項目について、しっかり入っている」と述べ、評価した。

・毎日→<薬害肝炎>自公が議員立法の骨子を了承 今国会中に成立へ
[ 12月28日 21時50分 ]

・毎日→<薬害肝炎>与党PTが基金創設の方針 追加補償に備え
[ 12月27日 12時02分 ]

・毎日→<薬害肝炎>与党と原告側が法案合意 責任・謝罪を前文に
[ 12月28日 11時26分 ]


                ※※

政府は経過において、国の発生責任を認めようとしなかったが、
それが与党による法案作成であるとしても、一転、すべて
原告側の主張に沿う内容とし、法案の前文に盛り込むことにした。

政府は法案の成立を受け、政府声明の形で謝罪する方針とのこと。

中途半端では、ひょっとするともやもやがのこり、
せっかくの法案も批判の対象になるに違いなかったが、
それを、思い切って、原告側の主張に沿う形にし、決着を図った。

異例と言えば異例であり、これまでの、
官僚の専横を廃したようでもあった。

                ※※

やればできるし、最初からこうすればよかったのに……。

政府は20日の時点で「一律」は認めていなかった。
それが、原告団の政府案拒否で情勢が一変、
政府は世論の厳しい批判にさらされ、
福田首相が判断を変えた。

大阪高裁による和解案を原告側が拒否した事態に、
与謝野馨前官房長が官邸を訪れ、
独自にまとめた法案の骨子を首相に見せた。

福田首相は即座に決断、その場で自民党、
谷垣政調会長に電話、法案作成を指示したのだという。
そして23日午前、祝日というのに記者が集められ、
異例の会見となった。

こうした経緯が、その後の報道で明かされた。

                ※※

窮地に立っても、それであきらめず、状況の突破に
取り組んだ、というのがよい。

法案は年明け、1月11日にも採決が見込めるとのことで、
それによって、全国で訴訟が取り下げとなり、解決に動くことになる。

ただし……、最後になったけれど、治療を受ける
被害者、患者の苦しさはこれからも続く。
いかに補償されようとも、そのことは忘れるべきでない。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2007-12-29 00:10 | 社会の問題、世相さまざま