週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:大阪府知事 ( 1 ) タグの人気記事
08年は橋下イヤー?――大阪府知事選、橋下氏が当選。
※本文に続いて、開票結果など追記しました。

夕食後、子供とトランプに興じていたうちに、
大阪府知事選挙で橋下徹氏(はしもと・とおる)の当確が出ていた。
午後8時の、投票の締め切りを待つようにして、報道各局が当確をつけた。

・読売→大阪府知事選、橋下氏の初当選確実に(1月27日20時9分配信)
・サンケイ(iza!)→橋下氏が当選確実に 大阪府知事選(20:08更新)

橋下氏は38歳、タレントで弁護士、自民党大阪府連推薦、公明党大阪府本部支持。
読売によれば、38歳の知事は現職で全国最年少、30代の知事誕生は
57年ぶり、戦後4人目、大阪府では初めて、とのこと。

自民党本部からの応援演説はなく、政党色を薄める演出が行われ、
政治関係者の応援演説は、唯一、宮崎県の東国原英夫知事のみ。

東国原知事の応援は橋下氏が直接、依頼したとのことだけれど、
同知事は先ごろ、新たな運動組織「せんたく」の立ち上げに、
中心メンバーの一人として加わっており、当選後の
橋下氏の参加、連携が予定されていると理解できる。

民主党の熊谷氏には、小沢代表が新テロ対策法の
採決を欠席してまで街頭キャンペーンに駆けつけたが、
パンチ力に欠けるキャラクターと知名度不足は補いようがなかった。
熊谷氏の敗北は民主党にとって痛手。

2007年は宮崎県の東国原知事の年だった。
2008年は大阪府の橋下知事がマスコミの寵児となり、
橋下イヤーになるかもしれない。

以上、短信にて失礼。


<追記>
開票結果は次のとおり。(NHK大阪より)

a0014163_12313651.gif













当選した橋下氏は昨夜以降、一睡もせず、テレビに出まくり、
マスコミの取材を受け続けているらしい。昼前に見た映像では、
選挙戦の途中以上に声枯れしつつも、エネルギーが
体内からあふれ出していた。

結局、テレビによって作り出された選挙結果のように感じる部分があり、
少々、すっきりしない部分もあるのだけれど、当選したばかりであるし、
同氏の当選が大阪と、この国の政治に吉と出るよう、祈りたい。

橋下氏は民主党、熊谷氏の2倍の得票となった。
これが逆であれば、自民党は暫定税率のつなぎ法案など、
恐くて提出できなかったはず。

民主党にとって、この、選挙結果がもたらす影響は、小さくない。

伊吹幹事長は「謙虚に喜び、組織の充実を図る」とコメントしたが、
勝利はわかっていたものの、改めて胸をなでおろしているにちがいない。
民主党は大阪市長選で勝利した余韻が残っているはずなのに、
候補者選びの段階から後手に回りつづけ、小沢氏の国会退席応援も、
結果として有権者の批判を呼び、マイナスに作用したのではないか。

終盤、熊谷陣営は橋下氏を攻撃する、どぎついビラを配布した。
いわゆるネガティブキャンペーンだったのだが、それはむしろ、
熊谷陣営の醜態をさらすことになり、橋下氏との差が開いた。

★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2008-01-27 21:26 | 風雲急!政局と選挙