週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ブログの気持ち、いろいろ( 33 )
休筆のご案内。――しばらくお休みをいただきます。
いつもご来訪いただき、ありがとうございます。
当ブログは2004年4月に開設し、今年で満4年を迎えます。

現在までのアクセス数は27万6410件です。
(2008年3月2日0:44現在=ユニーク数、excite管理画面による)
執筆した記事は783本で、800本まで、もう一息です。

                ※※

筆者、yodaway2がこのブログを書き続けてきた理由は、だいいちに、
ブログ以外に、あるいはブログ以上に、社会に発信する手段を、
筆者自身が持ち合わせていないからです。

この、週刊!Tomorrow's Wayは、これまでのところ、
基本的には文字で、あるいは文章で、いまの時代に起きていることを、
筆者なりに再構成し、表現、記録することを基本にしてきました。

それが長いエントリーであっても、短いエントリーであっても、
できるだけ、文字、あるいは文章に集中したいと考え、
画像、動画リンクなどは、必要最小限にとどめてもいました。

文字、もしくは文章によって、いまの時代に起きていることを
切り取ってみたいというのが、筆者の、もともとの欲求なのです。

                ※※

ひとつひとつのエントリーは、手間をかけて書く場合もありますが、
ほんの10分か15分くらいでまとめる場合も少なくありません。
そのようなときには、ほとんど無呼吸でキーボードを叩き、
仮アップしてしまうのですが、だいたいは、あとから修正を重ねたり、
追記として書き足したりしています。

ですから、それら修正や追記の時間をあわせれば、各エントリーとも、
結果として、けっこう時間をかけていることになりますし、
さらに、全体として、これまでたいへんな時間を、
このブログに費やしてきたかもしれません。

いずれ、やがて、消えてしまうかもしれないというのに……。

こうした作業、――ブログに書くということに、何か意味があるのかどうか、
4年も続けてきたというのに、筆者には、それがいまだにわかりません。
わからないのですが、前言に加えて言えば、自分自身に
絶望しないためかもしれません。

いかに文章がつたないとしても、また、知識や思考が足りないとしても、
心苦しくも、いま、筆者が持ち合わせているかぎりの力と意思とで、
文章にし、表現していくよりほかに、やりようがないのです。

                ※※


さて、見出しの件ですが、当方の事情により、
しばらくのあいだ、休筆させていただくことにしました。

ですが、筆者、yodaway2の、ブログ活動に関する考えは、
上記のとおりですので、ブログ活動を止めてしまうことは、
たぶん、ありません。燃え尽き症候群とは違いますので。

できれば、当地(北緯36度)で桜の咲くころには、
戻って参りたいと考えています。そのときに、皆さまとも、
再びお会いできれば、うれしい限りです。


それまで、しばらく、ごきげんよう。


週刊!Tomorrow's Way
亭主、yodaway2、敬白


<過去のエントリーから>
●2004年 07月 06日→無名のピアニストが浴びた拍手

当ブログがユニーク数、10000ヒットを達成したときに書いたエントリーです。
開設から3ヶ月目でした。その頃はまだブログの草創期、10000ヒットは、
けっこう胸の張れるものだったんです。^^


●2004年 06月 03日→ブログはメディアか?――なぜ、私はブログに書くのだろうか
上記のエントリーよりも、少し前に書いたもの。ブログを始めて1ヵ月半、
前日に200人のアクセスがあり、超のつくほど、うれしかった!
このエントリーに書いた内容が、当ブログの初心と言えば初心です。(汗?^^)



★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2008-03-02 01:12 | ブログの気持ち、いろいろ
更新休止のご案内。――4月に、必ず再開します!
いつもご来訪いただき、ありがとうございます。

さて、都合により、明日10日以降、3月中の更新を休止いたします。
4月に再開しますので、どうぞ、ご了解ください。

当ブログも、来る4月15日に2周年を迎えます。
9日午後11時現在の累計アクセス数はおよそ18万9000です。
もうすぐ2周年、もうすぐ20万ヒットと、2つの節目が近づいているというのに、
足踏みしてしまうのは、筆者自身、ちょっと残念です。

必ず再開しますので、今後とも、どうぞよろしくお願いします。

亭主、yodaway2、敬白


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-03-09 23:11 | ブログの気持ち、いろいろ
民主党、耐震偽装追求ブログ、私も見てみた。…でも、なあんかなあ。。
今日はもうひとつ――、でもコネタかもしれない。
民主党が耐震偽装問題で、専用のブログをつくった、とのニュース。
サイトは下記のとおり。記事リンクはその下、TB先はさらにその下。
・民主党→耐震強度偽装問題徹底究明サイト(idpj.net)
・共同→真相解明へブログ開設 民主、耐震強度偽装で [ 01月12日 18時59分 ]
・のりしろと脚注のはざま(by kankan1022さん)→民主党「耐震偽装」ブログを見てみる

                ※※

TB先、kankan1022さんが書かれているとおり、
ひと言で言えば、まじめ、まじめ、な印象。
(もちろん、まじめ以外の姿勢、態度は取れない問題であるわけだけど。)

たしかに、いまやブログを個人の日記風サイト、情報発信ツールなどと定義するのは、
時代遅れならぬ時間遅れで、企業も活用すれば、政治にもそれは広がっている。

でも、ブログはやはり、個人、オーナーの人格を反映しつつ、
森をつくるようにして成り立つものではないかと、いまだに考えている。
遅れた考えかもしれないが、いかに企業における利用が進もうと、
また、政治の場での活用が広がろうと、圧倒的多数の担い手は、
やはり「個人」ではないのか。

よって、読み手はそのブログの内容もさることながら、
オーナーの人となりについても、あれこれ、想像を楽しんだりもする。
逆から言えば、ブログにはブログなりの人格、人柄がないと、おもしろくない。

たしかに、ひと言で言えば、民主党の耐震偽装究明ブログは、
まじめな印象ではあるのだが、何か発表ものばかりで成り立っているようで、
“人柄”が希薄に思えるのだけれど……、どうだろうか。

                ※※

民主党に限らず、ブログが流行っているからと言って、
なんでもかんでもブログで行こう、というほどの動機であれば、
なあんかなあ……という感想になってしまう。

でも、ブログが個人の情報発信ツール、なんて
こだわっているのだって、そりゃあ、古いでしょうけれどネ。^_^;

★★よろしければ、今日もクリックを!→人気blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-01-12 21:54 | ブログの気持ち、いろいろ
ときどきうたた寝しつつ、15万ヒット達成しました!^^
管理画面を開いてみたら、あれれ……と、
当ブログ、150000ヒットをオーバーしていました!
今日1月14日、午後9時少し前の累計訪問者数が15万74人!
(エキサイトの管理画面、レポートによる。リロードのカウントはありません。)

a0014163_21462950.gif













※クリックすると画像が別ウィンドウに拡大されます。

切り番のときには、それなりのエントリーを用意したこともあったのですが、
今回は近い近いと思いながらも、すぅと通り越してしまいました。

当ブログの開設は2004年4月14日ですので、
これまでおよそ1年9ヶ月、631日かかり、エントリー数(記事数)は546件です。
その間、ときどきサボりつつも、ちょこちょこ書き留め、
ここまでやって来ることができました。

それでどうなんだ――ということは、ぜんぜん、ないわけなのですが、
まあ、自分なりには喜びたいと思います。

なにせ、私にしてはめずらしく、続いているわけなので!

                ※※

ここまで来たら、もう、20万ヒット、さらにその先ををめざそう――と、
そういう気持ちになってきました。昨年は後半、私事、いろいろあって、
投稿数が激減する事態となりました。

実は、今年もけっこう厳しそうなのですが、それでも、
なんとかやりくりして、ご来訪いただく皆さまに、忘れられないよう、
つなげていきたいと思います。

                ※※

私は当ブログの執筆姿勢として、コモンセンスを意識したいなあ、と考えています。

政治、経済、社会にかかわるテーマでエントリーを書くことが多いわけですが、
それゆえ、お読みいただく皆さまと意見が分かれてしまうこともあるでしょう。
しかし、そのようなときにも、どこかで折り合いのつく考えはないかと、
探してみたいのです。折り合いがつけば、それは、自分なりの、
コモンセンスとして意識できるかもしれないと思います。

また、そうなれば、ひょっとすると自分以外に、
コモンセンスとしておすすめできるかもしれないとも考えています。

                ※※

もちろん、「意見」なわけですから、妥協のできない場合もあります。
そうであっても、他者の論理は理解したうえでの選択としたいと思います。
それらを自分なりの理想とし、自戒しつつ、ささやかなブログですが、
日々の出来事を追いながら、書き留めていきたいと思います。

キレイごと言ってしまっているかもしれませんが、
15万ヒットの切り番ですし、お屠蘇気分のお正月ですので、
まあ、ご容赦のほどを。^^

亭主、yodaway2 敬白


よろしければ、今日もクリックを!→人気blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-01-04 22:29 | ブログの気持ち、いろいろ
留守にしてすみませんでした。ブログ、再開します。^^
久しく留守にしてしまいました。
最後の投稿が11日ですので、まるまる2週間、空けてしまいました。
その間、当ブログまでお越しいただいた方には、ほんとうに申し訳なく思います。

この2週間、世のなかの出来事を気にしつつも、食うや食わずだったのですね。^^;
ひっそりと、できる範囲でですが、ブログ活動を再開しようと思います。

                    ※※

先ほどまで、テレビで2回目となる、コイズミ首相と民主党・前原代表の、
党首討論を聞いていました。全体で40分か45分くらいの時間だったと思います。

BSE問題、アスベスト対策、そして小さな政府論議、行財政改革問題などで
やりあったのですが、どうも今回は、まるで迫力がありませんでした。
質問する前原氏にしても、それを受けて立ったコイズミ首相にしても。

先週の党首討論は、前原氏の得意分野である、
外交、安全保障問題をとりあげたとあって、
なかなか聞きごたえがあった印象でした。

党首討論である以上、個々の、具体のテーマを議論するとしても、
その背景に、どのような哲学、思想、信条を準備しているのか、
そして、この国がどうあるべきなのか、それが浮かび上がるように、
大きな視点からやりあってほしいものですよね。

月並みと言えば月並みですが、そんな感想を抱きました。

                    ※※

ところで、今日の参議院本会議で、政党の本部が支部を直接解散できるようにする、
政治資金改正法の改正が可決されました。この法案では政治団体間の献金について、
上限を5000万円とすることも含まれており、自民党、公明党はもちろんですが、
民主党も賛成しての成立となりました。

これで、郵政法案に反対しながらも自民党の県連や職域支部の
会長、支部長をつとめている造反組は、ついに内堀まで埋められたようなものです。

選挙制度が小選挙区・比例代表制に変わってから、
もうずいぶん経つわけですが、それが政党の支配力を強め、
その分、議員の自立性が相対的に低下していることに、
いまさらながら、さらされているわけです。

いかなる政治制度にも欠点は残るわけですし、
むしろ政党中心の政治制度は、ひとつの目指すべき理想として、
語られてきたとも思います。……が、しかし、果たして、
今日、私たちの目の前にある政党が、与党も野党も含めて、
信頼に足るものなのかどうか、それが、私には実感できません。

比較相対的に自民党の力量が優っているというのは、
総選挙の結果のとおりと思いますが、候補者の選定にせよ、
公約の決め方にせよ、どれだけ深く、この国の行方を賭けて、
考えられたのだろうか……と、思います。

政治にはライブドアや楽天のような、スピード感覚も必要なのですが、
企業経営と決定的に異なるのは、そこに占める、
「思想」の重さではないかと考えています。
(ただし、それが何か――なんて、うかつに言えないことですが。)

いろいろ書きたい話はあるのですが、
明日あたりから、ぼちぼち、執筆を再開したいと思います。


よろしければ、今日もクリックを!→ 人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2005-10-26 17:07 | ブログの気持ち、いろいろ
首相動静録、始めてみました。――首相の一日から明日を読む!
別アカウント(別ページ)で「首相動静録」、始めてみました。
「冷やし中華、はじめました」と、けっこう、同じようなノリです。^^
・Tomorrow's Way〔首相動静録〕 → http://tomorrows2.exblog.jp/

リンクを左フレームに張っていますので、通常はそちらからご移動ください。
出張など、特別の事情がない限り、毎日(翌日)の午前に更新します。

他のブログでも見られる企画ですが、何より、自分自身、興味がありまして、
自分のための資料保存が動機です。スミマセン。

ただ、当ブログは時事ネタ系・ニュース総合のつもりですので、
関連する情報を取り込んでいるほうが、何かのときに、役立つかもしれません。
また、記事は、個々のニュースサイトにおいて保存されていないようですので、
過去にさかのぼって、首相の行動などを調べたいときに、使えるかもしれません。

別アカウントにしたのは、首相の一日を、ブログの利点である
カレンダー機能からたどったり、サイト内検索をしやすくするためです。

                    ※※

ブログ紹介の惹句には次のように記載しました。
「週刊!Tomorrow's Wayの別室です。
首相の一日を保存、短くコメントします。
そこから見えてくる明日があるかもしれません。」

毎朝の新聞の隅に、小さく掲載されている首相動静、首相の一日、小泉日誌……、
各紙、タイトルはそれぞれですが、いずれも首相の日録を短くまとめている記事です。
時間を追って、どのような会議に出席したか、どこへ行ったのか、
誰と会ったのか等々が記録されています。

この記事をチェックするだけでも、政府、政権が、何を考え、どこへ向かおうとしているのか、
あるいは、何が問題となっていて、どんなことで迷っているのか――などなど、
いろいろ考えることができようというものです。

                    ※※

ずっと以前にみた米国の映画(タイトルは忘れました)で、記憶喪失の男性が、
記憶力が以上に発達してしまい、電話帳を見る端から暗証する場面を見たことがあります。
それとは違うのですが、首相の、一見、ごちゃごちゃした日程も、
じっとみていると、けっこうおもしろく、飽きません。
(ひょっとしたら、私もアタマが少し、異常なのかも……と思いますけれど。^^)

                    ※※

こちらのブログだけでも十分に手が回らない状況なので、
続くかどうか……、ちょっと自信がなく、三日坊主にならないか、心配です。
また、ちょこちょこ改良を加えることになると思いますが、しばらくやってみます。
よろしければ、のぞいてみてください。

以上、ご案内まで。亭主敬白。


※情報は時事通信を中心に、日経、共同の記事と比較、加味して記述、保存します。
※日録の情報は著作権の関係で事実に相違ない部分、すなわち
  創作にあたらない部分を引用、抜粋、もしくは参照したものとなります。
※動静録のアカウント、yodaway2_2としていますが、本来のHNはyodaway2です。
[PR]
by yodaway2 | 2005-06-23 15:08 | ブログの気持ち、いろいろ
BS、映画音楽ベスト100――、やっぱりいい!
ちょっと、夕食までのブレイクタイム――。
まだ、夕食が出来上がっていないので。

いま、NHK、BS-2で「アメリカ映画音楽ベスト100」を見ている。
アメリカ映画協会、AFI選。

ロッキー、フラッシュダンス、サウンド・オブ・ミュージック、ボディガード、
雨に濡れても、真夜中のカウボーイ、ウエストサイド物語、
キャバレー、マイフェアレディ、スター誕生、タイタニック……。
映画ごとに、曲ごとに、作曲家、歌手、監督、出演者など、
ゆかりの人たちが登場し、コメント。

すごく月並みだけれど、ものすごく、感動する――。
スクリーンからあふれてくる夢、希望、理想、愛、勇気、戦い……。

そして最近、映画、見てないなあ……と。

                    ※※

高校生のころ、劇場で「サウンド・オブ・ミュージック」を友人と見たことがあった。
友人はボロボロ泣いて見ていた。
映画も思い出に残っているが、そのときの彼の顔が忘れられない。
(ちなみに彼はすごいバンカラで、泣くようなイメージでは、まるでなかった。)

また、「風と共に去りぬ」――は、中学生のときに、はじめて見た。
ビデオなんて、まだなくて、もちろん劇場で見た。
ときどきリバイバル上映されていて、そのたびに足を運び、
劇場だけで7回も見た。(いまはDVDで見ている。^^)

少年だった私は、レット・バトラー(クラーク・ゲーブル)の男らしさにショックを受け、
それからずっと、理想とし、心のなかで教科書にしていた。
(現実の私は、もち、宇宙的に理想とは遠いけれど、ね。)

                    ※※

ところが最近、映画館に出掛けていない。
それどころかDVDでもテレビでも見ていない。

キミ、ココロが摩滅してきてるなんてないよね、――と、
思わず、自分に問いかけてみた。

番組はまだ途中……、夕食の支度が整ったらしい。
さ、ガンバロっと。
[PR]
by yodaway2 | 2005-06-17 21:20 | ブログの気持ち、いろいろ
友――について。古いノートに走り書きしていたメモ。
今日は時事ネタではなく、ある日、書き留めた、一片のメモ……。
机の上の書類を整理していたら、出てきた。
ずいぶん前に書いたのだと思う、予定などを記入している、
古いノートの、なぜか表紙の裏に、走り書きしていた。

友――、について。

                    ※※

人は生きていくうえで、友がどうしても必要。
友は自分の足らざるを補い、長ずるを高揚せしめる。
ときに、制しては自重を促し、ときに、臆する心を鼓舞してくれる。

助言に耳を傾けよ――。
自分ひとりの考えで、すべて足りることなどあり得ない。
気がつかないとしても、どこかに欠点は潜んでいる。

友からの助言は自分を写す、鏡のようなもの。
友の鏡に映る、自分を見るには、覚悟がいる。

ただし、友が友であるとわかるには、
ある程度、時間が要る。

何かの瞬間に意気投合しても、それで友とは言えない。
時間をかけて、お互いの価値を感じあい、
そして欠点を許容しあうには、やはり、少しの時間がいる。


                    ※※

以上、すべて書いてあったまま。
捨ててしまうにも、ちょっとひっかかり、
ブログにエントリーしてみる次第。

いずれにしても、人は自分ひとりでは、絶対に生きていけない。
だれかにアドバイスしてもらったり、背中を押してもらったりしないと、
うまく生きていけないものだ……、と思う。
[PR]
by yodaway2 | 2005-06-07 02:41 | ブログの気持ち、いろいろ
いまなら、まだ間に合う――。急げ、ニッポン!
4日午前11時30分。
土曜の朝、コーヒーを傍らに、ニュースサイトを巡ってあるいてみた。
サッカー、対バーレーン戦の結果が知りたくて、ではあったけれど、
自然、政治経済のニュースも開いた。

なんとなく、急に、言いたくなった。
急げ、ニッポン――、と。

私なんて、ただの、一人の、ブログ・ライターにすぎないのに、
言っても仕方ないのに、それはわかっているのに、言いたくなる。

急げ、ニッポン――。
一人ひとりがしゃんとすれば、いまなら、まだ、
すべてに、間に合うかもしれない。

                    ※※

トシなのに……、どうしてこうも、青いまま、生きてきてしまったのかナ。
それに、こんなこと書いたら、笑われてしまうだけかな。


                    ※※

●コモンセンスとコンセンサスと――。

このブログを書きながら、探してみたいと思うのは、
実はコモンセンスとコンセンサス――。

かねてから、そんなふうに考えてきた。
だから、数ある時事ネタ系、オピ系(オピニオン系、造語)のブログにあっては、
当、Tomorrow's Wayは”カゲキ”とまで言えないほう。たぶん。

コモンセンスはみんなで共有できる価値とでも言い換えたい。
コンセンサスは、いろいろ立場、意見が異なろうとも、
なんとかお互いにがまんできる一致点……。

どちらも、探すのはすごく難しい……。
幻想かもしれない。

ことに、人は口では改革を言いながら、変革を望まない……。

自分のブログに対して――の話としてだけしか言えないが、
現実を正視しつつ、自分なりに可能と思われる視点で、
書いていくしかないと思う。

                    ※※

コーヒー、最後の一口。
バーレーン戦勝利を思えば、いつになく甘く、
政治経済のニュースに目を落とせば、渋くも苦くも感じる。


                    ※※
≪書き足し、6月9日≫

上記、本文にてコンセンサス――についても、探している一つとした。
それはそうなのだけれど、コモンセンスと同列ではないつもり。
コモンセンス、の方が圧倒的に優先する。

コモンセンスとは、すなわち一致点ではないか、との疑念も抱かれるかもしれない。
コモンセンスは、私のイメージの場合、本来、歩むべき道であり、
相対評価としてましな道――と言いたい。

コンセンサスありきではない。

探しているのはコモンセンス――と、これだけにしたほうが、
きっとわかりやすいのかもしれない。
コモンセンスとコンセンサスは、いわゆる、似て非なるものだと思うし、
私の提示したいイメージとしては、コモンセンスは、
ときに非常に熱を帯び、自律的であり、アグレッシブでもあると思う。

たぶん、この書き足し……、誰の目にも止まらない。
過ぎ去ったエントリーだし。。。
それでも、こっそりとメモ書きのような内容だけど、
忘れないうちに書き足すことにした。
[PR]
by yodaway2 | 2005-06-04 11:55 | ブログの気持ち、いろいろ
ブロガーズ・マナーとサイバーコミュニティの盛衰について
現在、nikkeibp.jp、、視点を磨く厳選コラムに、
藤代 裕之@ガ島通さん執筆の記事、第8回、
「ブログの『終わり』と『始まり』――ブログはオルタナティブな
マスメディアになり得るのか」がアップされている。
・→http://nikkeibp.weblogs.jp/gato/2005/05/endandstart.html

                    ※※

その内容――とくに文中に、サイバーコミュニティの発展、衰退の
図式が出てくるのだけれど、それが、当ブログにおいて
昨年、2004年9月にアップした、「ブロガーズ・マナー」の問題意識とも、
一脈通じているように考え、急ぎ一文をまとめ(この文章)、
同記事にTBすることにした。

                    ※※

まず、ブロガーズ・マナーについて。
恐れ多くも、私が仰ぎ見てやまない、あざらしサラダさんとで、
あるときに交わした会話をもとにして、提案を受けたもの。

なので、私がつくったのではないのだけれど、
全面的に共感し、私のブログでも左フレームにリンクを常駐させ、
来訪者に呼びかけさせていただいている。

内容はいたってシンプル、次のようなもの。

<ブロガーズ・マナー>

1、「人格攻撃」はタブー。
2、コメントを書く場合は、名前に自分のブログアドレスをリンクする。
3、コメントした人同士の遣り取りが思わぬ方向に行きそうな場合は、
そのまま放置しないで管理者が捌く。
4、丁寧語を使い、略語や隠語、感情丸出しの乱暴な言い方を避ける。

                          (from あざらしサラダさん)

もともとのエントリーは下記のとおりで、いたってテンダーな内容。
・→http://tomorrows.exblog.jp/997492/

                    ※※

さて、TB先、藤代 裕之@ガ島通さんのコラムについて。
私個人としては、このコラムのサブタイトルにとられている、
「ブログはオルタナティブなマスメディアになり得るか」については、
ちょっと、現時点ではそこまで実感できず、飛躍を感じた。

「オルタナティブ……」との修辞によって、意味を限定しているとしても、
ブログには、「マスメディア」の「マス」は似合わないような気がする……。

言葉遊びはしたくないが、私も1年間、ブログを続けてきた感触として、
ブログは「メディア」であることは、それはもう、間違いのないところだけれど、
それは「マス」――まで至るとは、いまはまだ、思えない。

企業の活用も急増していて、ブログを個人メディアとは、
すでに限定できない状況だとは思うが、ブログの先にコミュニティを描く限り、
中心は個人であって然るべきだと考えたい。

だから担い手は個人――であって、マスとは一線を画すのが、
ブログ、そしてブログ・オーナーにとって、清々とした姿勢なのではないだろうか。

                    ※※

かくかくしかじか、敢えて書き足してみたが、
コラム前段でふれているサイバーコミュニティの、
経過と変化の図式については、ちょっと、胸にずきんと痛むものがある。

それゆえ、ご来訪いただく方々にお願いしてきたのが、
「ブロガーズ・マナー」――、なのだ。

なお、ブログにおけるコミュニケーション問題については、
ブロガーズ・マナーの提唱者、あざらしサラダさんが、
折りにふれてエントリーに取り上げており、非常に深く論じられている。

ブログを、完全に、ご自身のコミュニティに対してポータル化なさっていて、
すばらしく充実しており、私の目標にしているブログのひとつ――。
前述、文中にてもリンクしているが、アドレスは下記のとおり。
・→http://blog.livedoor.jp/azarashi_salad/

                    ※※

まとまらないエントリーにはなったけれど、
意のあるところ、どうか汲み取っていただければ、
非常に、まことに、とても幸いに思う次第です。^^


                    ※※
≪追記≫

ブログは人なり、とまで言えるかどうかはともかく、
けっきょく、ブログが育っていくかどうかは、それぞれのオーナーの
情熱、愛情……次第、だと思われる。^^
[PR]
by yodaway2 | 2005-06-01 21:21 | ブログの気持ち、いろいろ