週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ニュースを書き留めることについて、ちょっと考えてみた。
今日は閑話休題。
コーヒーを胃袋の中に流し込みながら、新聞を開きつつ、ふと考えた。

                    ※※

このブログ「Tomorrow's Way」は、無謀にも時事ネタ――。

毎日毎日、ニュースを読むたびに、それぞれ何か書きたいと思うのだけれど、
時間の制約もあれば、極度の知識不足を感じることもありで、
なかなか、ひとつの文章にまでもっていけない。

その一方で、気になることは降り積もり、そして目の前から遠ざかってしまう。

しかし、気になりつつも、うまくとらえられないでいるうちに、
そのことが固まっていったり、形になったり、あるいは形を変えていったりして、
長く私たちの生きている時間に影響しそうなことがある。

否、もっともっと先々まで、決定的に影響を及ぼしそうな事だって、少なくないはず。
否、否……、歴史そのもの、と言ってよいほどに意味を持つ出来事を、
私たちはけっこう目の前にし、目撃し、同時代の出来事として読んだり聞いたりしている。

出来事、ニュースには、そのこと一つで成り立っているもの、完結しているものもある。
さまざまに、他の出来事、ニュースと関連しあい、
一種の時代性を帯びていくものもある。
さらにもっと、普遍性、歴史性へと発展していくものだってある。

そのいずれであっても、深く、物ごとの意味、本質を見抜きたいのはやまやまなのだけれど、
それが同時代、同時間、同空間であると、なかなか客観的にとらえきれず、
見過ごしたり、気付いていても異なる解釈をしてしまったりもする。

私自身に限って言えば、それは何よりも、自分自身の能力の限界にほかならないわけだが、
でも、でもだ――、なんとか、その、片鱗だけでもつかんでいきたい。

いまの時代が、10年、20年……、50年、100年と経てば、歴史として振り返られる。
そのときに生きている人から、私たちが今の時代を生きている意味が、問われることになる。

ひょっとすると……、責任を追及されるかもしれないのだ。

                    ※※

冒頭に戻って。
いま起こっている出来事、起こってしまった出来事、起こりつつある出来事を、すべて
自分の思い通りに描くことなど、神様でないかぎり、それは無理。少なくとも、私には無理。
しかし、付箋を貼るくらいのことは、自分の作業として続けてみたいな、と。

さて、コーヒー、飲み終わり。出掛けるか……。(続く。^^)


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-09-08 16:27 | ブログの気持ち、いろいろ