週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
雅子さま、天の岩戸を、少しお開けになった……。
皇太子妃、雅子さまが4ヵ月半ぶりに外出――、のニュース。
お車で、お住まいの東宮御所からお出かけになり、皇居を訪れた。

東宮御所の門を過ぎるときに、お車のウィンドウをスッと開け、
報道陣などに軽く手を振られた。とてもにこやかな笑顔で、
お顔の色も悪くは見えなかった。

医師団によれば、体調のご回復は十分でないとのことだけれど、
テレビに映った雅子さまのご様子に、ほっとせずにはいられなかった。

                    ※※

雅子さまが公務を休まれることになったのは、昨年12月。帯状疱疹を患われ、
体調を崩されたと発表された。それが長引き、ずいぶんあとになって、
適応障害、すなわちお心の病――であることが明らかになった。

この8ヶ月、雅子さまは、まるで古代神話さながらに、
天の岩戸にお隠れになってしまったかのようだった。

それが……、今日、そっと岩戸を開けて、外をのぞかれた。

早くお元気になられるよう願うばかりだけれど、
その一方で、どうぞごゆっくり、とも思う。


天の岩戸を無理に開けなくとも、それが開くべくして開く日は、
遠くないように思われた。



※「天の岩戸」は古事記、日本書紀に記されている神話。古代の、高天原(天界)における一大事件。スサノオの乱暴狼藉な振る舞いに腹を立てたアマテラスが、天の岩戸の中に隠れてしまった。アマテラスは天界の光をつかさどっていた。天界は真っ暗闇になり、困り果てた神々が鳩首会談。岩戸の外で大宴会を催し、アマテラスの気を引こうということになった。岩戸の外に神々が集まり、ウズメが踊った。岩戸を閉ざしていたアマテラスだったが、外の、あまりのにぎやかさに、ついに、岩戸を少し開き、外をのぞいた。そこで怪力のタヂカラが登場し、一気に扉を開いてしまう。天界には……、再び光が戻った。

※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-09-05 01:53 | 社会の問題、世相さまざま