週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
三菱自の落ち込み止まず。公判では否認へ。
三菱自動車の販売台数が、4ヶ月連続で前年比を下回った。
8月の販売台数は前年同月比56.8%減の2946台。
6月の64.3%(下落率で過去最大)、7月の60.1%減などにくらべれば、
やや持ち直してもいるけれど、依然、6割近くも落ち込んでいて、正視できる状況にない。

しかし……、これはさらに続いていきそうだ。
信頼の低下に歯止めがかかっていないからだ。
・朝日→http://www.asahi.com/car/news/TKY200409010251.html

一方で、三菱自動車のリコール隠しについて、今日、はじめての公判が
横浜簡裁で開かれ、三菱ふそう前会長、宇佐美隆被告らは、
虚偽の報告をしたとされる起訴事実を揃って否認。法人の三菱自動車も、
法廷における整合性を考えてのことではあるのだろうが、否認した。
・毎日→http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040901k0000e040025000c.html

弁明は聞くべきだと思う。
被告となっている旧経営陣にも、言い分があるかもしれない。
事実がゆがめられて伝えられている可能性だって、それはある。

しかし……、三菱自動車は社会、市場に対する行動を誤っている。
公判で、もし、法律的に反論があるとすれば、
先にそれを社会に、消費者に発信すべきではないか。
それで通用すると考えるなら、ぜひ、発信していただきたいものだ。

また、少し前の記事で、前述のとおり、法人の否認は、前会長ら個人の被告が
否認するのに違った対応はできないとしてのこととも伝えられた。(ソース消失、失礼)

個人で被告になっている者と、法人とが違った対応となっては、何かまずいのだろうか。
それとも法人も、虚偽報告にはあたらなかったと、信念の発露として、
そう考えているのだろうか。

このままでは消費者から、静かに
見捨てられていくだけのように思われてならない。

三菱自動車は三菱自動車で混乱と虚脱の状態にあるかもしれないけれど、
幾人もの生命が奪われているだけに、少なくとも、法人の三菱自動車は、
この事件に、きちんと始末をつける以外にない。

・当ブログ、関連エントリー
 →三菱自とタイレノール事件[2004-06-12 18:32]


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-09-01 19:59 | 社会の問題、世相さまざま