週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日歯事件、滝川氏逮捕の先にあるのは……?
旧橋本派、平成研究会の会計責任者、滝川俊行(55)が、今日午前、逮捕された。
各ニュースサイトに記事がアップされている。

今朝の東京は、朝から冷たい雨。午前10時前、東京地検の係官らが、
指してきた傘を折りたたみながら、派閥事務所のあるビルの階段を昇った。
・朝日→http://www.asahi.com/special/nisshiren/TKY200408290135.html
・毎日→http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20040829k0000e040006000c.html
・サンケイ→http://www.sankei.co.jp/news/040829/sha036.htm

●閑散としているはずの日曜日の朝、強制捜査に……。

滝川氏への事情聴取はすでに始まっていた。
「小切手を渡されたとき、あとをのこしてはいけないと思った。
自分の判断でした」――。そう、話しているという。

今日は日曜日――。本来なら出勤しているはずのない事務所への強制捜査。
予想されていたこととして、職員が待ち受けていたのだろうか。
滝川氏は滝川氏で、今朝も早くから呼び出しを受けていたと思われる。
逮捕状は呼び出しを受けた、その場で執行されたのだろう。

それにしてもだ、1億円もの献金をうっかり記載ミスしたなんて信じがたい。
また、裏金にしようとしたのなら、派閥の幹部の了解もなしに、
滝川氏の一存でそうしたなどとも考えにくい。

まして日歯連からカネ自体を受け取ったのは、滝川氏ではななく、
私は知らないとオトボケだが、橋本龍太郎氏その人。いくらなんでも滝川氏が、
派閥会長、幹部らが受け取ったカネまで自由自在にできるほどではないだろう。

●故・小渕恵三氏の秘書だった滝川氏。どんな人物なのだろうか……?

逮捕された滝川氏なのだが、きっと誰かの秘書をしていたに違いないと思い、
軽くググってみた。「滝川」「秘書」をキーワードにAND検索。
それほどヒットしなかったが、そこから、滝川氏が
故・小渕恵三首相の秘書をつとめていたと、経歴を記したページに行き着いた。
http://www.rondan.co.jp/html/kisha/0408/040803.html

同ページによると、秘書仲間では「善人中の善人」と言われていたらしい。
小渕優子氏をわが子のようにかわいがっていた――とも記されている。
また、別のページで、かつて超党派の秘書協議会の会長をつとめていたことがわかった。

きっと、長く、縁の下の力持ち一途に歩んできたキャリアであるのだろう。
仲間内では信用の高かった人物であったに違いない。

その滝川氏、いまもきっと、なんとか自分のところで食い止めようと、必死だろう。

脚光を浴びるはずのない人生と悟って生きていたはずが、
思わぬ展開で、自分の名が世にででることになった。……何か切ない。

                    ※※

●派閥の興亡……、むしろ、そのきっかけを探している?

旧橋本派は今回の事件で存亡の危機に立たされてしまったが、
所属する国会議員には、関係者に逮捕者の出ることは、
すでに織り込み済みであったように思われる。

それゆえ、橋本氏の後継会長が決まらなかった。

一方で、自民党内では、いわゆる若手を中心に、
派閥横断の「勉強会結成」への動きが表面だってきている。
橋本派所属の国会議員にも波及していくに違いない。

ちなみに、今週号の週刊現代は、9月で退任の意向を表明している安倍幹事長にも、
新たな勉強会結成の動きがあると書いている。

                    ※※

旧橋本派は自壊していくかもしれない。しかし、だからと言って
自民党や政治の場から、派閥がなくなるわけでもなさそうだ。

派閥はいつしかなくなる。
でも……、それに代わって新たな派閥が生まれていくのだろう。
今回の事件は、旧橋本派にかぎらず、そのきっかけになるかもしれない。


                    ※※

相変わらずのカネをめぐるスキャンダル、自民党のごたごたをよそに、
自民党と民主党の支持率が逆転したとのニュース。
これはもう、流れになりつつあるのかもしれない。
こちらについては、のちほど、改めてエントリーしたいと思う。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-08-29 22:28 | 風雲急!政局と選挙