週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
中国の宇宙開発、実態はどうなのか――?
このところ、中国は宇宙開発についても、なかなか鼻息が荒い。
昨日、8月12日付けの人民日報は、中国が、宇宙開発を担当する国家航天局の話として、
「有人月面探査」を目指していると伝えた。――へえ、だ。
http://www.people.ne.jp/2004/08/12/jp20040812_42235.html

また、同じ人民日報の7月28日付けの記事では、宇宙空間の有人飛行第2弾として、
「神舟6号」を来年後半に打ち上げる計画であることも伝えている。
http://www.people.ne.jp/2004/07/28/jp20040728_41720.html

●想像を絶する荒っぽさ……、事故の映像にびっくり!

日本の宇宙開発は、このところパッとしたニュースがないように思われるし、
むしろ、失敗のニュースばかりが記憶に鮮明だ。
それだけに中国が、昨年10月に、「神舟5号」で有人飛行に成功したときには、
ちょっとショックを受けた。

でも時が経ち、ほんとうはどうなのだろうと思っていたら……、
ちょっとびっくりな映像を目にしてしまった。
以下にソースを紹介。お急ぎでなければ、ご覧あれ。
http://homepage.mac.com/nomura_osk/movies/other/china_rocket_dark.asf

アメリカのドキュメンタリー専門チャンネル「ディスカバリーチャンネル」の番組。
オリジナル、日本語字幕付き共、放映日時は未確認(不明)。
URLはクライン孝子さんからのメルマガ(8月10日号)で知った。

●96年に長征3号の爆発事故……、民間人500人が犠牲に。

中国の宇宙開発はそうとう荒っぽく、とんでもない失敗の繰り返しなのかもしれない。
上記の映像(VTR)によると、とくに1996年の長征3号の打ち上げ失敗(2号も失敗)では、
地元の村で500名の民間人が犠牲になったらしい。

なんでも、打ち上げ場所に待機していた外国人は、打ち上げ後、5時間も隔離され、
その間、兵士たちが失敗の証拠隠滅を図ったというのだ。
ロケットが墜落したと見られる、村の瓦礫の山が映っていたが、
それはバスの中から隠し撮りされたとのこと。

失敗の度合いは、初期のソ連の比ではないとも伝えている。

北朝鮮であれば、こうしたこともさもありなんと思うのだが、
中国はもともと大国であるし、なんせ、経済発展著しく、
ちょっとは改善されているのかと考えていた。

宇宙開発について、日本は日本でしっかりとやれば良いと思うし、
何も中国と競うこともあるまいね――と、今日は考えた。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-08-13 16:45 | 社会の問題、世相さまざま