週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
美浜原発の事故。エネルギー論議に影響?(速報)
福井県美浜町の美浜原子力発電所で、蒸気漏れ、4人死亡、1人重体――のニュース。
事故は今日午後3時半頃に発生。テレビでは記者が現場から、
国内の原子力発電所の事故として、「史上最悪」と伝えてきている。

死傷した方は、すべて下請けの社員とのこと。
1999年の東海村、JOC臨界事故での死者は2人だった。

サイトをそちこち開いたが、まだ詳細はつかめない。
放射能漏れはなさそうだ。

●世界第3位の原子力大国……、しかし内部にも疑念の声?

日本は国内に52基の原子力発電所が稼動していて、
米国、フランスに次いで世界第3位の原子力大国。
日本の、総発電量に対する原子力発電の割合は35%超。
現在も青森県の東通原子力発電所、静岡県の浜岡原子力発電所の2基が建設中。
さらに6基が計画段階にあるはず。

しかし、実は、推進しているはずの電力業界の内部にも、
近年の電力自由化の波を受けて、従来の安全性に関わる論議に加えて、
原子力発電所のコストを問題視する声も高まっている――との話を聞いたことがある。

とくに、発電所の使用期限を過ぎての、廃棄(取り壊し)のコストまで
含めて計算すると、極めて高くつくらしい。

今回の事故――、今のところの情報では、放射能事故とは異なるようだけれど、
とくに6基の計画中の施設には、むしろ内部において、ブレーキになるかもしれない。

●いつも、とても難しい、日本のエネルギー政策。

話は飛ぶようだが、エネルギー事情について、
とりわけ懸念材料となっているのが、中国の経済成長に伴う消費拡大。
いつ何時、世界がエネルギー、食糧の奪い合いにならないとも限らない。

そして日本人も産業システム、社会システムを維持するのに、
今の消費はなかなか落とせない。
また、暑い日にクーラーを切ることも考えにくい。
それをどう補い、賄っていけばいいのだろうか……。

原子力発電はいかなる面からも、抑制的に考えるべきなのだろうけれど、
このことでは、日本はいつも、とても難しい。


※この項、TVのニュース(18:00)にびっくりしつつ、速報。短信にて失礼。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-08-09 18:41 | 社会の問題、世相さまざま