週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
次の外相には、いったい、誰がなるのだろうか?
日韓首脳会談を終えて戻ってきた、コイズミ首相の姿を見て考えた。
9月の内閣改造で、外相はいったい誰になるのだろうか……と。

まず、現在のカワグチ外相……、留任はなさそうな雰囲気なのだが、どうだろうか。

●田中真紀子氏の更迭から始まった、水面下の路線対立。

カワグチ外相については物足りなく思っている方も、少なくないと思う。
でも、私はかなり同情的に見ている。

そもそも彼女は前外相、田中真紀子氏更迭のあとに、
消去法の結果、浮上した人事だった。
カワグチ外相は、ご記憶の方もいると思うけれど、彼女は環境大臣として、
地球温暖化問題に関わる国際会合、とくにCOP7ではめざましい活躍をした。




各国の利害が対立するなか、彼女は京都議定書の発効に、
徹夜でとりまとめを図ったという。
各国の代表はその論客ぶりと粘り強さに舌を巻き、
「日本にはタフネゴシエーターがいる」と賞賛の声が贈られたという。

元通産官僚。現在のホソダ官房長官や民主党のオカダ代表と同じ。
環境相にはサントリー常務となっていたところを、民間から起用された。

環境相としては、なかなかのハマリ役だったけれど、
田中真紀子氏の外相更迭劇から、閣内をスライドして外相に就いた。

●重要問題に「あっちはどう言っている?」と。「あっち」とは……?

そもそも田中氏の外相には、自民党内からも先々の混乱を予測する声があった。
しかし、総裁選で劣勢だった、当選の目がないともされていたコイズミ氏を、
あれよあれよと首相の座に押し上げてしまい、人事はその論功行賞だった。

田中氏は更迭されたが、外務省批判はかつてない高まりを見せていた。
官邸は外務省を実質的に直轄下に起き、コントロールしようとした。
だから、外相に強いパーソナリティは望まなかった。
かつ実務に長けた人物を探した結果、カワグチ氏のスライドが決まった。

カワグチ氏はこの2年余り、よく外相のポストを守ったと思う。
重要な案件を前にするたびに、カワグチ氏は官邸を指差し、幹部に、
「あっちはどう言っているの?」と聞いたらしい。

「あっち」とは前官房長官、福田康夫氏のこと。
フクダ氏は影の外務大臣と呼ばれ、02年9月訪朝で、北朝鮮問題を担当した
タナカ審議官らの後ろ盾ともなっていた。

●北朝鮮再訪朝にフクダ氏を斬った、コイズミ首相。

02年訪朝は、コイズミ首相にとっても外交成果となったには違いなかったが、
その成果の生まれた瞬間に、外務省と官邸、官邸の中では首相と
影の外相・フクダ氏の間に、静かに亀裂が生まれ、それが徐々に広がり始めた。

中心的な登場人物は、周知のとおり、当時の安倍官房副長官(現自民党幹事長)、
中山恭子内閣参与……らだ。そして、何よりもコイズミ首相も。

コイズミ首相と安倍氏が一致しているかと言えばそうでもない。
安倍氏と中山氏は一致しているように見えるけれど、再訪朝では微妙に違った。

コイズミ氏とフクダ氏は決定的に対立し、
コイズミ氏は政権の片翼からエンジンを落とすようにして、
事実上、フクダ氏を更迭、閣外に出す事態に追い込まれた。

フクダ氏の辞任劇が年金問題などには、ほとんど関係していないことは
このブログの過去のエントリーでふれているので、よろしければたどっていただきたい。

コイズミ氏は、さまざまな理由から、最終的に再訪朝を決断した。
後日、経団連の幹部、経済評論家で21世紀研究所理事長の
田中直毅氏らと会食した際に、「再訪朝はずっと前から考えていた。
もっと早くしたかった」と漏らしたが、これは、この問題をめぐって、政権の舞台裏では
長く対立が続き、最終的にコイズミ氏は閣外、非議員の山崎拓氏を動かして、
事態の打開に打ってでたことを裏側から言ったものだった。

●カワグチ外相はエネルギーのぶつかり合いに、翻弄されるばかりだった。

カワグチ外相はイラク問題だけでも手一杯の状況で、
もうほとんど、こうした激烈な、火の玉のようなエネルギーがぶつかり合う世界の奔流に、
小さな体をもみくちゃにされながら、なすがままになっていた。

報道で伝えられること、テレビカメラの前のそっけない受け応え――それだけで
「政治家」、政治の世界の登場人物を見るのは間違っている。

マスコミに批判されるとおり、理想も夢もなかったら、
トップクラスの世界で長く生き残ってはいけない。
何かにこびへつらうだけの人間も同様。
利己的な、私利私欲ばかりの人間も化けの皮ははがれてしまう。
政治の世界の人間を悪く言ったり、見たりするだけでは間違いだ。

参議院選挙前、フクダ氏は内閣を守るために、自ら辞任の道を選んだ、
菅民主党代表に先手を打った――と、マスコミ、メディアははやした。

●ライス補佐官の3カ国訪問を詳報しないマスコミ?

でも、事実はそうじゃない。

政争――、すさまじい路線対立の結果だった。
そしてコイズミ首相は、一人になる道を選択したのだった。
北朝鮮へ向かう政府専用機の中で、コイズミ首相は機内食にも手をつけず、
誰とも話をしなかった、という。
随行の外務官僚、タナカ、ヤブナカの2人とも、ヤマザキ官房副長官とも……。

彼は……、たった一人で北朝鮮へ乗り込んだのだった。

いまもこの瞬間も、日本の外交をめぐって、波上の静けさをよそに、
底流では、ぐいぐいとしたその流れには、止まる瞬間もないように感じる。

7月上旬、曽我ひとみさんのジャカルタ行きの前の日に、
米国から、国家安全保障問題担当の、コンドリーザ・ライス大統領補佐官が来日した。
彼女は東京に一泊したあと中国へ行き、帰りに韓国を訪ねた。

そこでライス氏は、各国首脳と何を話し合ったのか。
米国大統領の最側近と言われる彼女が、この時期に3カ国をめぐったのはなぜか――。
言うまでもないけれど、ニュースでは首相、外相が曽我さんのことで陳情したことなどを、
けっこうクローズアップして伝えていたけれど、当然、そのことではなかった。

●日朝国交正常化交渉のタイムテーブルは動きだしている?

中国、韓国でも個別の問題はあったけれど、
3カ国に共通していた北朝鮮問題で、何か直接伝えてきたことがあるのだ。

首相の今回の韓国行き――。このこと事態は5月半ばに決められていたことだけれど、
会見から伝わる以上の事を話している可能性がある。

一番疑わしいのは、日朝国交正常化交渉に関わるタイムテーブル。
かなりはっきり示したのではないか。
核問題とのからみでも、米国大統領選挙をにらんで、コイズミ首相は、
自分が調整役を果たそうとしている。

良い、悪いを論じることはちょっと脇に置きたい。

こうした大きなエネルギーのぶつかり合い、力のしのぎ合いに耐え、
外交の責任者としてやっていける人物は、いま、誰がいるのだろうか……。

外相が誰になるか――、竹中大臣の留任問題と共に、
否、それ以上に次の内閣改造で気になる人事だ。


                    ※※

カワグチさんは、もうほんとうにお疲れで、そろそろ限界じゃないかと……?
中川秀直国対委員長が渡米し、けっこう注目を集めているけれど、ハテサテ……?
中山恭子参与はこのブログでもスイセン(^^)したけれど、ちょいと……?
党内実力者とコイズミ氏はことごとく気が合わなさそう……。
マスゾエヨーイチ先生などもダークホースには違いないけれど……?
セイジですからね、コイズミさんとフクダさん、仲直りするかもしれないし……?
あ、もう一人……三菱マテリアルとの関係ではいろいろ言われるが、
前首相補佐官の岡本行夫氏……ムズかしいかな?mmmmm。


折りにふれ、続報していきたい。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-07-23 13:01 | 風雲急!政局と選挙