週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イージス艦事故;官尊民卑の思想がもたらした惨事!――12分前に気付いても自動操舵の、なぜ。
イージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故について、驚愕の続報あり!
あたごの見張り員が漁船を目視で確認できたのは、
衝突の2分前――と発表されていたが、防衛省は昨夜、この情報を訂正、
衝突した午前4時7分の12分前に、清徳丸の灯火を目視確認していた、とのこと!

・毎日→<イージス艦事故>衝突の12分前、清徳丸の灯火を視認
[ 02月20日 21時21分 ]


そのとき、あたごは自動操舵で航行中だった。
見張り員からの連絡は、当然にして機関室に伝わったはずと思いたいが、
その後もあたごは自動操舵による航行を続け、なんと、
手動に切り替え、全速後進をかけたのが、衝突1分前だった、とのこと。

素人考えにも、間に合うはずがない。
そして、空白の11分……、あたごはいったい
何をしていたというのだろうか???

                ※※

状況として、運の悪いことに、午前4時前後、見張り員の交替が
行われていた可能性があり、艦橋は慌しかった、との見方がある。
しかし、これも、見張り員の本来的な使命を処置せずに、
交替したとは考えにくく、不可思議極まる。

一方で、清徳丸は僚船と、ほぼ一団となって航行しており、
そのうちの一隻の船長があたごの航行について、
「まっすぐに直進してきた、スピードも落とす様子がなかった、
あぶないと思って舵を切った」……などと証言する様子をTVで見た。

その証言から、次のように考えた。

                ※※

あたごは、漁船の一団をレーダーでもとらえていた。
見張り員も目視確認していた。

しかし、どけるのは漁船の方で、自分たちが
進路を変える必要は、まったくない、と考えていた。

だから、レーダーでとらえ、艦橋から目視確認の報せが入っても、
なんら処置せず、自動操舵を続けた。

                ※※

実際、漁船たちは、巨大な船(――タンカーと思っていたらしい)の出現に、
蜘蛛の子を散らすように、舵を切り逃げた。

ところが、なんらかの理由で、清徳丸だけが逃げ遅れた。
あるいは、逃げるつもりが、逆に衝突する方向に、
衝突する方向にと、吸い込まれていった。

                ※※

あたごが進路を変えなかったのは、ひょっとすると、
お上意識、官尊民卑(かんそんみんぴ)の
思想の現れだったのではないのか。

自分たちはそこのけそこのけで、進む。
どけるのは、雑魚(ざこ)の方――とでも言いたげに。

                ※※

事故の原因は究明中。筆者の想像力でエントリーを
書くには、実は早い段階なのだけれど、防衛省の情報訂正に、
何か、そこはかとない不快感がこみあげ、キーボードを
叩かずにはいられなくなった。

あたごには、気のゆるみもあっただろうが、
それ以上に、簡単に言えば自分たちは偉いという、
お上意識があり、今回の事故を引き起こしたのではないのか。

                ※※

沈没した漁船の名は清徳丸(せいとくまる)――、清らかに徳を積む船。

船の持ち主、吉清治夫さん(58)と長男の哲大さん(23)は
仲のよい親子で、治夫さんは漁業一筋、哲大さんは
その父に従って漁をしながらホームレス支援の
ボランティア活動にも参加していた。

哲大さんは4年ほど前から、東京都内のホームレス支援団体に、
年に数回ずつ、魚の差し入れを続けてきたという。
・iza!→「助かって!」とホームレス イージス事故の長男は“あしなが兄さん”
(2月21日04:27)


船の名にこめた、親子2人の想いは、突然の事故に潰えた。

どんなに小さな存在であっても、義のあるところが、
必ず通らねばならない。

今回の事件をもってして、不祥事相次ぐ防衛省を、
芯から、叩きなおせ!!


                ※※

今回の事故は決して特異なものでない。
いまの、防衛省の体質、ゆるんだ意識がもたらしたもの。

石破防衛大臣は、おそらくそのようにならないが、
辞めるのが相当と考える。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2008-02-21 03:24