週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヒラリー、ひらりとはオバマをかわせず。マケインは、負けん、と!^^
米国大統領選挙の指名争いで、昨日6日、20州以上で予備選、党員集会の
開票が行われたスーパーチューズデーについて、手短に。

・毎日→<米大統領選>民主、指名争い長期化へ 共和マケイン氏前進
[ 02月06日 20時23分 ]

(↑大統領選挙の仕組みを含めて、非常にわかりやすい記事)

・ABC News→Clinton Wins Delegate-Rich States;
Obama Takes Most States (Feb. 6, 2008)


・米流時評→2/05 スーパーチューズデー予備選開票速報実況ブログ
(http://beiryu2.exblog.jp/)
※当ブログと相互リンク

伝えられているように、民主党の候補者選びは激戦となり、
ヒラリー・クリントン氏とバラク・オバマ氏とが、
開票の結果においても伯仲する展開になった。

また、共和党はマケイン上院議員が、ロムニー、ハッカビーの
両氏を突き放し、明らかに優位に立った。

                ※※

共和党は各州、ウィナーズ・オールで、州ごとに勝者が代議員を総取りする仕組み。
それに対比して、民主党は獲得票に応じて、代議員が振り分けられる仕組み。

それで、獲得州の数ではオバマ氏がクリントン氏を上回ったが、
クリントン氏は代議員数の多いニューヨーク州、
マサーセッツ州などで勝利し、代議員数で勝った。

上記、毎日の記事から引用。
>代議員の配分作業が続く中、米CNNテレビによると日本時間6日午後9時現在、
>同氏は予備選開始以来の獲得代議員数を825人に伸ばした。一方、
>オバマ氏は中小を含む13州を制し獲得代議員数を732人とした。

>これらの獲得代議員数には、上下両院議員などから成る「スーパー代議員」も
>含まれている。選挙で選ばれた一般の代議員数のみを比べると、
>クリントン、オバマ両氏はほぼ拮抗(きっこう)している。
>指名獲得には、全国党大会に出席する代議員の過半数2025人が必要だが、
>両氏とも遠く及ばなかった。

ヒラリー・クリントン氏は先行していたが、オバマ氏の追撃に遭い、
ひらりとかわしたかったが、そうはいかなかった。

共和党の指名争いでは、マケイン氏は2位のロムにー氏に、
はっきりとした差をつけることができた。これでもう、
ロムニーなんかに負け(い)んと、余裕が見え始めている。

米国の国土面積は日本の25倍もあるが、
その広い国土が大統領選挙の熱に浮かされている。

そこで4年に1度、オリンピックの年に、
ほぼ1年間をかけて行われる大統領選挙――、
プラカードをふりかざし、紙吹雪が舞うなかで歓喜の声を、
あるいは悲鳴を挙げる人々の、熱狂ぶりを見て、
とても、うらやましく思う。

こんなに、日本人は政治に、選挙に、熱狂などしない。

それは悪いことばかりではないかもしれないが、政治への熱狂が、
それでも、アメリカという国の、力の源泉になっているように感じるのだ。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2008-02-07 04:18 | 米国はどうする、どうなる