週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
補正予算、衆院の優越により成立。――しゅくしゅくと進んだねじれの儀式。
07年度の補正予算案が、昨日6日、成立した。
参院否決により、憲法の規定によって、衆院の議決が
優先されたことによる。……と、ひと言で片付くのだけれど、
報道などで細かく時間を追うと、それでもけっこう
手間がかかったように見えてしかたない。

・毎日→<07年度補正予算>衆院の議決優先で成立 [ 02月06日 16時08分 ]

                ※※

6日の一連の流れは、両院協議会の開催を含め、
すべてシナリオに落とせるもので、波乱も不測の事態もなかったが、
すべてが儀式めいていて、放送やベルが鳴るたびごとに、
国会議員たちが議事堂と向かいの議員会館とを、地下道を通じて行ったり来たりし、
あるいは会派ごとの議員控室と本会議場の間を押し合いへし合いしながら
進んだり戻ったりするさまを想像すると、何か、とても、
無駄なことをしているように見えてしまう。

                ※※

それにしても、今回の補正予算案には、災害対策や
原油高対策など差し迫った議案も含まれており、
参院で否決することに、民主党の議員たちから
異論は出なかったのだろうか?

採決自体に党議拘束がかかるとしても、その前段では、
補正予算否決への異論が聞こえてきてもおかしくない。
それが、執行部の指示に行儀よく従い、整然と
行進したようにだけ見え、何か、すっきりしない。

こうした、ねじれ国会ゆえに起きる現象にも、
そのうち、慣れてしまうのだろうか……。

以上、短信にて失礼。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2008-02-07 02:27 | 風雲急!政局と選挙