週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国会紛糾!知恵を出し合えない政党政治、、、これがねじれ国会の現実なの?
正午のNHKニュースを見た。
与野党は今日午前、つなぎ法案の取り扱いについて、協議。しかし、
打開の道は開けなかった。そして、財務金融、総務の両委員会で可決に。

自民党の伊吹幹事長は、暫定税率の関連法案について、
野党が年度内の、参院における採決を確約しなければ、
つなぎ法案の採決に、午後1時の、本会議開会が譲れない、としている。

野党は再度、河野衆院議長に仲裁を要請しており、
その結果はもたらされていない。午後1時に、河野議長が
本会議のベルを押すかどうか、ギリギリの状況。

暫定税率にはひずみがあり、一方で、新年度の予算執行が迫るなか、
国、地方の歳入欠陥を招けば、社会全体が混乱する。
そして、与野党、共に内部に異論を抱えている。

だから、与野党はお互い歩み寄れるはず。

それが出来ないのであれば、この国で2大政党制など、
無意味で有害。自民党も民主党も、頭がどうかしてしまっている。
国会の攻防と言うけれど、子どもの戦争ごっこより、こっけいに見えてくる。

この国で、2大政党制とは、知恵を出し合えない仕組みなのか?


<追記>年金はどうなった?防衛省の疑惑は?
新テロ対策特措法は過去のこと?もう、国際貢献のことは
議論も話し合いもしないのか?拉致問題は?北朝鮮の核問題は?
対アジア外交、どうする気?米国のサブプライム、対策ないの?
子どもたちは?学校は?医療は?介護は?
ほかにもいろいろ……、みんな、いったいどうなった?


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2008-01-30 12:47 | 風雲急!政局と選挙