週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
NYタイムズ、ヒラリー氏支持を打ち出す。――日本のメディアはタテマエ、不偏不党だけれど。
米国を代表するオピニオン紙のひとつ、ニューヨークタイムズが、
今回の大統領選挙において、民主党ではヒラリー・クリントン氏の、
共和党ではマケイン氏の支持を、それぞれ打ち出した、とのニュース。
25日に報じられており、ちょっと遅ればせながらのエントリー。^_^;

●ニューヨークタイムズ(The New York Times)

・NY Times→Primary Choices: Hillary Clinton (January 25, 2008)
>Hearing her talk about the presidency, her policies and answers
>for America’s big problems, we are hugely impressed
>by the depth of her knowledge, by the force of her intellect
>and by the breadth of, yes, her experience.
(下記、共同記事の引用に該当部分あり)

・NY Times→Primary Choices: John McCain (January 25, 2008)
>Senator John McCain of Arizona is the only Republican
>who promises to end the George Bush style of governing
>from and on behalf of a small, angry fringe. With a record
>of working across the aisle to develop sound bipartisan legislation,
>he would offer a choice to a broader range of Americans
>than the rest of the Republican field.
(下記、毎日記事の引用に該当部分あり)

上記についての、日本の報道記事は下記のとおり。

・共同→クリントン氏支持を表明 NYタイムズ、共和マケイン氏 [ 01月25日 19時08分 ]
>【ワシントン25日共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は24日、
>米大統領選党指名を争っている候補者のうち、民主党では
>ヒラリー・クリントン上院議員、共和党ではマケイン上院議員を支持すると表明。
>同紙は民主党の指名争いで、クリントン氏とオバマ上院議員という
>「2人の力強い有力候補者が生まれた」と指摘した上で「クリントン氏の
>知識の深さや知性の力、経験の広さに強い感銘を受けた」と述べた。

・毎日→<米大統領選>NYタイムズがクリントン、マケイン氏を支持
[ 01月25日 18時32分 ]

>一方、共和党ではマケイン氏を「ブッシュ(大統領)の政治スタイルを
>終わらせると約束した唯一の候補」と評価した。


日本の新聞はタテマエとしてかもしれないが、一般に
公正中立、不偏不党をうたい、特定候補への肩入れなどしないが、
米国ではNYタイムズのように、特定候補の支持を明らかにする場合が少なくない。

他紙まで見ていないが、2月5日のスーパーチューズデー
(メガチューズデー)、日本語で言えば天王山に向けて、選挙戦が
熾烈を極めているなか、おもしろいと思い、クリップしてみた次第。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2008-01-27 13:51 | 米国はどうする、どうなる