週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
福田首相、内閣改造の意向!――人事こそ組織の生死を分ける。
<追記、29日23:00>中国を訪問中の福田首相が会見、
通常国会召集前に内閣改造を行う意向を示した、――とのニュース。

・毎日→<福田首相>内閣改造、通常国会召集前行う意向 「大幅」か
[ 12月29日 21時36分 ]


                ※※

上記、毎日によれば、首相は次のように述べた、とのこと。

「来年の日程などをよく考えたい。党内にもいろいろ意見がある。
ごもっともなこともある。……まだ(臨時)国会が途中で、終わっていない。
各閣僚には全力投球してもらわなければならず、改造の中身について
言う必要はない。具体的なことは年明けだ」

首相がここまで匂わせた以上、改造なしは考えにくい。
これで、年明けから解散風ならぬ、“改造風”が吹き荒れるだろう。

                ※※

改造は安倍内閣からの再任閣僚を留任させず、大幅となる可能性あり。
逆から言えば、大幅にしなければ効果がない。

閣僚人事も、すでに構想を描いていると見ていい。

首相は「中身について言う必要がない」と述べたが、これも、
逆から解釈すると、中身は用意してある、あるいは
考えている、との意味に受け取れる。

                ※※

2つ前のエントリーにも書いたけれど、組織はすべて
人事によって決まるのであり、政府こそは究極の組織、
閣僚人事は究極の人事――。

そこで、内閣総理大臣の専権事項である閣僚の任免こそが、
福田内閣の命運を分かつに違いなし。

後ろから、民主党、小沢代表がひたひたと迫っており、
ここらへんで、ぜひ見せ場をつくっていただきたいと思う。

非常に短いけれど、今回はここまでで、up!
では。

<2つ前の関連記事>
・内閣改造のうわさあり。――首相が首相なら、抜き打ちの一閃を見せよ!
(2007年 12月 29日)



★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2007-12-29 23:21 | 風雲急!政局と選挙