週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
防衛省不祥事、政界ルートが急浮上の可能性。――久間氏、窮地に?
NHKのスクープだと思われる。――防衛省の汚職、不祥事で、
にわかに政界ルートがきな臭くなってきた。

・NHK→山田洋行 代理店継続働きかけ(12月29日 19時18分 )

                ※※

いわゆる防衛族の国会議員などが理事をつとめる、
日米平和・文化交流協会の秋山直紀専務理事専務理事が、
去年の10月、防衛商社・山田洋行から3000万円の提供を受けた際に、
山田洋行側から米国の会社の代理店を継続できるよう、
働きかけがあった、のだという。

当時、宮崎元専務が内紛により同社を退社、日本ミライズを設立、
その際に代理店の権利は山田洋行からミ社に移ったとされる。
山田洋行は巻き返しを図り、日米平和・文化交流協会、
同専務理事を経由して政界に働きかけた、との
構図が浮かび上がってくる。

さらに、そのとき、山田洋行は同専務理事に、
同協会の理事だった久間防衛大臣に、米国企業への
働きかけを依頼してもらえるよう要請する文書を手渡した、というのだ。

これらが真実とすれば、政界ルートにおいて、
疑惑の存在が急浮上する。

                ※※

現段階において、当然のことながら、秋山専務理事も
久間元防衛大臣も否定する。……が、NHKによる報道で、
他のメディアも追随するだろうし、何よりも年明け、8日に、
参議院による、秋山専務理事の参考人招致が決まっている。

もちろん、地検特捜部も狙いをつけていると思われる。

守屋前次官の逮捕、再逮捕のニュースばかりが目立ち、
政界ルートは不発とも見られ始めていたけれど、
まだまだわからない、との空気に変わってきた。


久間氏はこの正月、けっこう、寝心地が悪くなりそうだ。
また、入院してしまうかもしれない。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2007-12-29 21:08 | 風雲急!政局と選挙