週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
内閣改造のうわさあり。――首相が首相なら、抜き打ちの一閃を見せよ!
森元首相が内閣改造について発言をしたり、あるいは
首相官邸に赴いた際に、直接首相に進言していると思われるが、
こうした話は目立たないようにしていただきたい、と思った。

・毎日→<内閣改造>1月13、14日念頭に調整 福田カラー狙う(毎日新聞)
(12月29日 2時33分)


森元首相は、先に頓挫した大連立構想でも、
首相の使者役ともなり、小沢氏と密かに交渉を重ねるなど、
黒幕然とした行動が目立つ。

でも、ほどほどにしていただいた方がいい、と思える。

福田内閣は、本来、もともと、安倍内閣の“居抜き内閣”で、
大半の閣僚が残留しているわけだから、言われなくとも、
福田首相が首相である以上、改造によって独自色を出したいに決まっているし、
それを行えないようでは、首相、総理の大権を腐らせてしまうだけ。

よって、内閣改造について、できるだけ早いタイミングで、
それを仕掛けるというのは、決して間違いではない。

まして、7月にはサミットがある。
直接、その場に参加する閣僚は限られるが、
サミットを居抜き内閣で迎えるのは、本来、もともと、
いかがなものか、ということなのだ。

組織はすべて人事によって決まるのであり、
政府は究極の組織、閣僚人事は究極の人事なのだ。

結論――、改造は当然にして必要、しかも、できるだけ早く。

それが自明のことである以上、ご関係各位は
口を真一文字に結び、秘すれば花、というものなのだ。
森元首相のおしゃべりなど、聞きたくない。

フクダ首相が近いタイミングで改造を考えているなら、
回りで騒ぎとならないよう、抜き打ちでしなければならない、と考える。


なお、舛添厚労相が解散前の内閣改造に反対する意向を
表明したとのことだけれど、このヒト、ほんとうに、まったくわかってない。

・毎日→<舛添厚労相>次期衆院選前の内閣改造に反対(12月24日19時4分配信)


短いけれど、今回はここまで。では。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2007-12-29 04:21 | 風雲急!政局と選挙