週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
銃乱射の容疑者、……信仰を持っていたとは信じられない。
長崎県佐世保市のスポーツクラブで起きた銃乱射事件――。
インストラクターの女性(26)と男性(37)の2人が犠牲者となり、
容疑者の男は銃で自殺した。

亡くなった男性と容疑者は小学校から高校までいっしょの同級生、
また、インストラクターの女性の交際相手とも顔見知りだった、
などの報道もさっそくなされ、こじれた人間関係を想像させる。
メディアが殺到しており、それらは今後、報道されもするだろう。

亡くなった女性は05年に同クラブの社員となり、子どもたちからも
人気の先生だった。佐世保市内で一人暮らしだったという。
夢、理想、希望、目標、生きがい、教え子、思い出、家族、
友だち、友情、愛情、恋……、すべて無となった。

男性には家族が、それも幼い子どもたちが残された。
どのような状況なのか……、声を交わした挙句の惨劇であったのか、
しかし、もう、この世に命がない。

自殺した容疑者の男について、かつて勤務していた病院の関係者が証言。
まじめでやさしく、患者から慕われていた、と。
その後、転職を繰り返し、ここ数年、働いたようすがなかったらしい。

ねじれ、こんがらがり、行き違い、凄惨な事件を引き起こし、
2人の命を奪い、子どもたちを恐怖させた。


最後……、容疑者は通っていた教会で自殺した。
容疑者が信仰を持っていたとは、とても腑に落ちない。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング

※次のタイトルにて悪質、ワンクリック詐欺のTBあり。絶対に動画をクリックしないでください。また、誤ってクリックしても、メッセージ等、無視し、×で閉じてください。当ブログは受信拒否にしましたが、次々とアドレスを変えるので、効果のほどはわかりません。他のブログでも同様、類似のTBはあるかと思いますので、ご注意(無視して)ください。→<【動画】乱射事件の全容をカメラがとらえていた!長崎散弾銃乱射事件、犯人、被害者写真あり>です。
[PR]
by yodaway2 | 2007-12-15 14:42 | 社会の問題、世相さまざま