週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
フクダ首相の内憂内患。…頼むから、大げさにしないでよ、と。
とにかく、フクダ首相は昨日以来、
もう、くたくただ……、と思っているに違いない。

写真や映像でみると、少し、
表情に疲労の色が見え、さえない。

                ※※

宙に浮いた年金問題で、舛添厚労相の「ないものはない」発言が
開き直りと野党、マスコミから非難を浴び、
内閣の女房役にして出身派閥の長、町村官房長官が会見で
「選挙なので簡素化して言った」と答えたところ、これも同様に
野党、マスコミの餌食となった。

                ※※

首相はその日、それを執務室から
見ていて、やきもきしていた。

そうこうするうちに夕刻となり、自分自身、
お約束の記者インタビューに応じる時間になった。

「国民は公約違反と思っていると思いますが」との質問に、
「どう言ったかなあ、公約違反というほど、大げさなものなのかと
思いますけどねえ」と、答えてしまった。……はぐらかすつもりだったし、
大げさにしないでほしい、というお願いもこめたつもりだった。

ところが、ふくすいぼんにかえらず、その発言は、
厚労相や官房長官のそれと同じく、またたくまにテレビで伝えられ、
野党の批判、国民の反発を招いてしまった。

                ※※

一夜明けて、今日の国会では、野党議員たちから
同じような質問が繰り返された。

「首相は昨日、なんと言ったのか」、「公約は大した問題ではないのか」、
「公約を覚えていないのか、それで首相がつとまるのか」……。

それらに対して首相は「公約でどう言っていたか、
頭にさっと浮かばなかった」と釈明したが、それがまた、
野党の反発を招く、、、マスコミが取り上げる、、となり、
悪循環になってしまった。

                ※※

テロ新法、防衛省スキャンダル、薬害肝炎、そして、
真打、宙に浮いた年金、、閣僚、さらには自分自身の舌禍、、、、
“内憂内患”に呼吸するのも苦しく、立ち往生してしまっている。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2007-12-13 22:39 | 風雲急!政局と選挙