週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
年金記録、公約はねつ造だった?――4割、2000万件が特定困難に。
舛添要一厚労相が昨日午後、記者会見し、
宙に浮いた年金記録について、5000万件のうち、
約4割にあたる1975万件は特定が困難になる――との
見通しを明らかにした、とのニュース。

・毎日→<年金記録>39%、1975万件が依然特定できず…社保庁
[ 12月11日 10時54分 ]

・毎日→<年金記録>舛添厚労相、開き直り?「ないものはない」
[ 12月11日 21時19分 ]

・共同→「全面解決」は事実上断念 舛添厚労相、公約違反を否定
[ 12月11日 22時16分 ]


4割、つまり半数近く。1975万件、つまり
およそ2000万件。……とても膨大な数になる。

これが、日本という国家システムの実像なのだろうか?
こうなるまでに、この国は、なんら手を打てなかったのだろうか?
過去、社保庁に、おかしいと思う人間は誰もいなかったのか?
気付く政治家は一人もいなかったのか?

怒りというよりも、むしろ不思議さを感じる。

                ※※

舛添厚労相が会見で居直った。

「ここまでずさんとは予想外でしたね。
ですから、あの…、ここまでずさんとわかってればね…、あのお、
もっといろんなもっと、対応策を考えられたけど…、
おそらく、ほかの人が閣僚になってやっても
結果は同じだと思います、ないものはない……」

コノカタ、モウスコシ、マトモカト、オモッテイタ。

                ※※

さかのぼって、昨年8月の参院選――。
消えた年金問題は最大の争点のひとつだった。
ときの安倍首相は全国各地の遊説先で声を張り上げた。

「私たちは最後のお一人、最後の1円まで
きちっとお支払いしてまいりますッ」
その映像を、何度も何度もテレビで見た。

                ※※

9月、続投を表明した安倍首相のもとで新内閣が誕生、
首相批判の急先鋒だった舛添要一氏が厚労相として入閣。
就任会見では次のように話した。

「私ども、最後のお一人まで、最後の1円までお支払いしていく、
これは公約として(選挙で)申し上げたわけですから……」

それがいまになって、次のように変わった。
「(参院選で)年金は最大のテーマ。『できないかもしれないけど
やってみます』なんて(誰だって)言いませんよ」

つまり、公約は「ねつ造」だった、のか?

               ※※

国会は新テロ対策法の成立をめざし、再延長になる。
それに年金問題がからみはじめた。

もちろん、首相に、自ら解散する考えはないはず。
さしあたって、自民党は選挙で戦いようがないから。
しかし、どこか、バルブのかげんをひとつでも間違うと、
まさかの展開になりかねない。

フクダ首相に、いらいらが見える。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2007-12-12 14:55 | 風雲急!政局と選挙