週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大阪府知事戦、混迷。――坂下弁護士、自公に出馬断る。
来年1月の大阪府知事選挙の候補者選びで、与野党が混迷し、
昨日、自公の推薦候補として弁護士でタレントの
橋下徹氏(はしもと・とおる)の名前が報じられたものの、
橋下氏はそれを断ったもよう。

・共同→橋下弁護士が浮上 大阪知事選で自公推薦候補 [12月05日 10時17分]
・読売→橋下弁護士、出馬断る…大阪府知事選で自民要請(12月5日12時14分配信)

現職の大阪府知事、太田房江氏は政治とカネを巡る問題で
批判にさらされ、与野党が不支持を表明、出馬断念に追い込まれており、
与野党問わず、候補者選びに難航を強いられている状況。

自公はは11月18日に投開票が行われた大阪市長選挙で、
推薦候補が敗退しており、立て直しを急ぐ必要に迫られている。
民主党も衆院選を視野に、小沢体制のタガを
しめなおしたいところ。……なのだが、選挙が迫る中で、
双方とも思い通りに展開せず、いらだっている。

自民党、民主党とも、候補者が決まらないなかで、
マニフェストの作成に着手した、とのニュースも伝えられている。
本来、政党先行では有権者に嫌われる風潮であり、
「人」ありきであるはずなのに、それが
待てないタイミングになってきた。
・読売(関西)→大阪知事選、候補待てぬ…自・民が先に公約作りへ
(2007年12月5日)


今回、フライングに終わった坂下弁護士のニュース(共同)の最後、
「民主党へも相乗りを呼びかける構え」との記述があった。
自公からすれば、国会の対決ムードを緩和したい思惑も
からんでいるのは自明のこと。

解散総選挙の空気は、いまの時点では、必ずしも
高まっていないけれど、テロ対策新法の取り扱いによっては、
出会いがしらの解散もあり得、その意味で、来年1月の
大阪府知事選挙は微妙な時期に行われることになる。

対決か相乗りか……、読みあい、騙しあいしつつも、
時計の針がどんどん進んでいる雰囲気だ。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング

※実はこのエントリー、坂下弁護士の出馬決定――のタイトルで書くつもりだった。
昼食を終え、じゃあ書こうか、と思ってニュースサイトを開いたら、
それが出馬せず、に変わっていた。かくも、世のなか、変化が激しい。(笑)
[PR]
by yodaway2 | 2007-12-05 12:50 | 風雲急!政局と選挙