週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
緊急!小沢氏が会見。マスコミを強烈非難、自分を抹殺しようとした、と。
<緊急>当ブログ、居眠り状態が続いてしまって、
ご来訪いただく方々には申し訳ないかぎりだけれど、
それをふっとばしてくれたのが、今回の、自民、民主の大連立話であり、
さらに続報、小沢民主党代表がイキナリ、辞任してしまったのだから、
これはもう、驚天動地だ。

今日、4日、16:37から小沢代表の記者会見が民主党本部で始まり、
17:00ちょうどに終了した。冒頭、小沢代表が今回の経緯や判断について
4点にまとめ発言、「私が選んだ役員に否定されたことは
不信任を受けたに等しい」と話し、役員会で政策協議、=連立協議の開始に
賛同を得られなかったことを辞任の理由として、明確に示した。

また、小沢代表は「いまの民主党は力量不足」と言い、
敢えて民主党が政権の一翼を担い、政権運営の実績を積むことが
民主党政権樹立の近道であると判断した、などと話した。

それらの発言から、小沢代表は、自民党との連立に
前向きどころか、はっきり連立を目指したことがはっきりする。

続けて、小沢代表はマスコミの報道姿勢を強く非難する発言をした。

「(今回の連立に関わる)新聞、テレビの報道は、報道機関としての
役割を逸脱している。とくに、11月3日、4日、両日の報道は、
まったく事実に反するものがあった。……私自身も私の秘書等も
まったく取材を受けていない。それにもかかわらず事実と
まったく反する報道がなされた。朝日と日経をのぞき、自民党からの
情報をたれ流し、私を政治的に抹殺しようとした。
報道機関の役割をまったく逸脱しており、(報道機関は)良心に
恥ずるべきところがないか、自らに問うてほしい」

今回の自民、民主両党の連立未遂は、いまの時点では、
まったくの幻想、幻影に映るし、そして小沢氏の代表辞任で、
一応、幕間となったが、それで劇が終わるのではなさそう。

終わりの始まり、との言葉があるが、
終わりからの始まり、になるかもしれない。

今後の政局、国会は民主党の新代表選出、給油新法の審議などがからみ、
さらに解散、総選挙の時期が探られつつ、けっこうおもしろい、
近年希にみる、複雑な方程式になると思われる。


よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2007-11-04 17:18 | 風雲急!政局と選挙