週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
そのまんま東、眼光に、なかなかの鋭さあり!
宮崎県知事に、大方の下馬評を裏切って当選した、
そのまんま東氏が初登庁した、とのニュース。

宮崎県庁に白いワゴン車で到着。
大勢の職員が出迎える中、座席から降りたその姿は、
作業ジャンパー風だった。

花束を受け取り、正面玄関の階段を上がって振り向いた。
深々と一礼。ほとんど、腰が直角に折れた。

それは、居並んだ職員を前にしてのものだったけれど、
当然のことながらメディアを通して伝えられる、
自分の姿を意識したものだったはず。

そして、講堂らしき場所での、幹部職員を集めての初訓辞。
上下を、きちんとした背広に着替えていた。

歴史の話――。織田信長が斉藤道三と初めて会う際に、
道中、奇妙奇天烈、奔放ないでたちで進み、
いざ、会見の場には威儀を正した正装で臨んだ。
重ねるのはオーバーかもしれないけれど、
ふと、思い出した。

                ※※

そのまんま東氏の初訓示、幹部職員と
テレビカメラ、記者たちに向かって、聞かせどころを、
こう、つくった。

「わたしはまったくの素人。『新入社員』として意見をぶつけ、
いろんな意見を聞きたい。……県庁内に裏金はありますか。
もしあれば早期にうみを出したいので、自分の意思で
早めに出してほしい。後で出ればまた恥だ」

早めに出してほしい……、言葉を和らげて見せたけれど、
目つきには、なかなかの鋭さがあった。

                ※※

49歳。ドラスチックに芸能界から政治家へ。
それも汚職で前知事が逮捕された自治体のトップに。

しかし、そのいっぽうで、かなり早くから
政治への転進の道をさぐり、機会を探ってきていたかのふう。
志も策も秘めているものと、いまは期待したい。

守旧派に負けんなよ!


※追記/そのまんま東氏は知事就任後、
芸名ではなく「東国原英夫」の本名を使用。
ホンキを演出している。

・「裏金あれば自ら出して」=東国原知事が就任あいさつ-宮崎(時事、23日)


※この記事は「ニュースの圧縮ファイル」(by yodaway2)から移設したものです。
「ニュースの…」は当ブログに統合しました。
[PR]
by yodaway2 | 2007-01-24 16:43 | 社会の問題、世相さまざま