週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トリノ五輪、メダルの報せが届かない。――寝不足が続きそう。。
「うーん、残念だったなあ…」「あーあ、また4位、惜しいなあ…」
「ニッポン、メダル、取れないねえ…」と、今朝、多くの家庭で、職場で、
トリノ、冬季五輪、女子スピードスケート・500mの結果を知ってから、このように
会話が交わされたのではないか。――それも、どの声にも「…」が後ろに付くようにして。

女子スピードスケート、500mで、期待の岡崎朋美は、3位、銅メダルの
任慧(中国)に、合計タイムでわずか、たったの0秒05及ばなかった。
しかし、レースを終えたあとの岡崎は、逆にガッツポーズを見せ、
メダルは逸したが、力を出し尽くしたあとの、満足感を表情にした。

                ※※

大会序盤、日本は期待のスノボで4人の男子選手全員が予選落ちしたり、
ジャンプ、ノーマルヒルでベテラン、原田雅彦が失格するなど、
日本にとっては、思いもよらないほどの苦戦、波乱が続いている。

それで、メダルの報せは、いまだに届かない……、
やきもき、じりじりすること、このうえなし。

でも、これから、巻き返しを狙える競技はあるし、
厳しいかもしれないが、注目の女子フィギュアなども控えている。
まだまだ、眠い目をこすりこすりして、応援するしかない。

今日もあるし、明日(あした)だってあるサ!

                ※※

ニッポン、ガンバレーッ!!!


                ※※
<追記、14:22>
レースを終えたあとの岡崎選手、鋭い目つきが消えて笑顔に。
それがまた、カッコよかったナ。^^


※カンタンだけど、アップ!――たまに、短いのもネ。これから出かけるんで。(^_^;)
★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-02-15 14:16 | 社会の問題、世相さまざま