週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
不正輸出、続報。ミツトヨ、リビアにエンジニア派遣の報道――。ならば、とんでもないことだ!
ひとつ前の、ミツトヨの3次元測定器、不正輸出について、続報――。
追記しようかとも思ったけれど、ごちゃごちゃになりそうなので、エントリーする次第。

ひとつ前のエントリーで、筆者は同社にも、いくぶん、同情の思いを寄せた。
筆者は今回の事件で初めて同社の名前を知ったのだけれど、同社は
計測器メーカーとしては世界的なブランドになっており、業界のリーダーだった。

だから、こうした輸出規制の問題についても、それなりの体制を備えていて当然。
それが、蟻の一穴のように、何かのミステークで捜索を受ける事態になった、とも考えた。
もちろん、だからと言って、同社の責任は免れるものでは、決してないのだが。
・当ブログ、ひとつ前のエントリー/
  →ミツトヨ、核関連技術を不正輸出のニュース。
           ……下町の町工場から発展した会社のあゆみ。(2月13日UP)


                ※※

しかし、その後のニュースに接していると、
同社は過去においてもイランへ、同種の高性能測定器の輸出を試みたことがあり、
さらには、今日のニュースでは、測定器が渡ったリビアに、直接、エンジニアを派遣、
技術指導にもあたっていたというのだ。――ならば、その測定器の使用目的、状況など、
いくらなんでも、気付かなかった、などとは言えなくなるのではないか。

記事の見出し(リンク)をいくつか、貼ってみる。(いずれもYahoo!ニュースから)
・「ミツトヨ」不正輸出、イラン向け不許可きっかけ?(読売新聞) (14日14時43分)
・測定機精度、規制値の2倍(時事通信) (14日8時50分)
・イランが測定機購入打診=ミツトヨ製、90年代前半
         -輸出実態を捜査・警視庁(時事通信) (14日6時3分)

・性能偽り、無許可輸出か 外為法違反容疑の製造元(共同通信) (14日2時7分)
        :
        :

記事からは、ミツトヨが、どのレベルででかはともかく、ことの重大性を
十分に知りながら、性能などを偽装したり、海外の会社を迂回するなどして、
不正輸出の隠蔽を図っていたのではないかと、強く疑わざるを得ない。

報道されている内容が事実ならばだが、
状況がまるでいっぺんしてしまう。……驚かないわけにはいかない。

                ※※

警視庁公安部は、ミツトヨの製品が、パキスタンの核科学者、カーン博士に関係する、
国際的な「核の闇市場」に組み込まれていた疑いがあるともみているが、
そもそも、今回の捜査の発端は、03年に行われた国際原子力機関(IAEA)の
リビアに対する査察であるらしい。

そのときに、ミツトヨの測定器3台が見つかり、それ以来、
核の闇市場につらなる、足取りが追われていたのだろう。
・毎日→<外為法違反>「核の闇市場」にメス マレ-シアに測定器(2月13日15時2分)

                ※※

ミツトヨは国内に2,360名、海外に2,013名の従業員を有する、けっこう、大きな企業。
組織が高邁なる理念を掲げても、いつしか、それは形骸化してしまうのが常――。

また、それを守ろうとするセクションがあっても、そのようなものに、
かまっていられるか、数字を挙げているのは自分たちだ、と
跳ねつけようとするセクションもあり、対立してしまうこともある。

また、技術者は技術者で、技術のみに頭が集中し、
そのほかのことに視野が曇る、ということも考えられるだろう。

つまりエンジニアはひたすら技術を考え、販売部門は売り上げ、売り上げと奔走し、
自分たちが最前線に立っているとの矜持を持つが、それがおごりと裏表になる。
管理部門、監査部門がしっかりしようとしても、うざったがられ、
そのうちに、管理、チェックがなおざりにもなっていく……。

今回の事件は、何か、そうした組織の問題の
典型的な要素を含んでいるのではないかと、“想像”してみた。

                ※※

ミツトヨは、捜査の結果がどうあれ、最低で言っても、
疑わしき領域に足を踏み入れていたのは、どうやら否定できないよう。

トップメーカーであるだけに、経営責任も問われて然るべきだし、
一から出直さなければならなくなるのではないか。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-02-14 16:48 | 社会の問題、世相さまざま