週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライブドア事件。コイズミ政権はひょっとすると、これで終わったかも?
●金融相、タケベ発言に「教育が必要」と痛烈に!

今日のニュースで、ちょっと面白いと思ったのは、
ANNが伝えた、『与謝野大臣、ぶ然と「武部幹事長には教育が必要だ」』――。
・→ANN/テレビ朝日オンザウェブ トップページ

                ※※

放送系の記事は、とりわけ消失が早いので、以下に一部抜粋。
>ライブドア事件をめぐって、自民党の武部幹事長が証券取引等監視委員会を
>批判したことについて、与謝野金融担当大臣は、武部幹事長には
>「教育が必要だ」と戒めました。――中略。

>与謝野金融担当大臣:「(Q.武部幹事長が30日の講演で、
>証券取引等監視委員会は>どうなっていると批判したが)
>(武部幹事長の)教育が必要だということです」。

                ※※

問題としているライブドア事件は深刻なのだが、
このやりとり、「教育が必要だ」には、タケベさんには悪いけれど、
ちょっと吹き出しそうになった。

テレビではラ社への強制捜査以降、昨年の総選挙で、
タケベ幹事長が堀江貴文氏(容疑者)を応援している、アノ場面が、
何度も何度も映像になった。――「わが弟です!、わが息子です!」と。

野党からも、コイズミ首相共々、攻撃の的になり、
最初、問題は別と開き直ろうとしてみせたりしたが、
世論の反発にたまらず、「深く反省」と軌道修正した。

そのストレス、欲求不満からだろうか、タケベ氏は矛先を
与謝野金融相が所管する証券取引等監視委員会に向けたのだが、
与謝野氏の返り討ちにあった格好となった。

                ※※

事件の捜査は東京地検特捜部の主導と見るより他ないのだが、
過程では証取監視委からの情報提供、協力、カタチの上での告発もあったわけで、
実際、16日夕からの強制捜査は特捜部と証取監視委の合同で行われた。

与謝野氏は早くから証取監視委がコミットしていたことを、
改めて強調し、タケベ氏に、最大級の侮蔑を込めて、
「教育が必要だ」とかました。

                ※※

タケベ氏が自民党のナンバー2、幹事長に就任したのは、
2004年9月。――コイズミ首相のサプライズ人事の最たるものであり、
完全なダークホース、大穴もいいところで、誰一人、
タケベ氏の幹事長就任など予想できなかった。

タケベ氏にとっても、それはそのとおりで、自身を普通の
国会議員と言い、就任には晴天の霹靂(へきれき)との言葉を使った。
そして、その後のタケベ氏は、完全にコイズミ首相の手下となって汗を流し、
「私は総理のイエスマンじゃない。偉大なイエスマンだ」――などの名セリフも残した。

しかし、もともとが実力を伴わずに役職を得てしまっただけに、
いちいち記憶しているわけではないが、ハテナマークのつく発言は、
これまでも1度や2度のハナシではなかったはず。

人情味もあり、おちゃめで、人柄はよいのかもしれないが、
いかんせん、中身がなく、馬脚がときとして見え隠れもしてきた。

                ※※

コイズミ首相にしても、タケベ幹事長にしても、強運の人だった。
しかし、どうも、このところ、アゲンストの、強い風に見舞われ、
コントロール力が急に失せつつある。

コイズミ政権への支持率は、まだ、それでも高いかもしれないが、
それはいくぶん、世論の動きが遅れているから。
今回のライブドア事件によって、コイズミ政権は、実は、
終わってしまった、と言えるのかもしれない。


<当ブログ・関連エントリー>
・01月 16日/ライブドアに強制捜査!――因果応報なのか、乗り切るのか?
・01月 18日/東証、すべて売買停止に!――結局、ホリエ氏はドロボーだったのか?
・01月 19日/堀江社長の側近が自殺!――異様な空気が立ち込めてきた。
・01月 22日/ライブドア、会社喰いの手口……、買収された会社の元役員が話した!
・01月 23日/堀江氏、ついに逮捕、絶体絶命!――砂上の楼閣、崩壊に向うのか?

★01月 25日/ライブドア、これ以上、野放しにできなかった。
                   ……ラ社は偽札を作っていたようなもの?



※今月、このエントリーで30本目。できればあと1本、書きたかったナ。 そうなると、
 1日1本の勘定になったのに、ちょっと心残り。まだ時間あるけれど、眠ぅ~。^^

★★よろしければ、今日もクリックを!→人気blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-01-31 22:37 | 風雲急!政局と選挙