週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ヤマハ、中国に無人ヘリを不正輸出、のニュース。強制捜査に。
●君子は危うきに近づかないほうが、よかった――。

<速報>JNN(TBS系)、テレビの記者が息を切らして、現場からリポートした。
「こちら静岡県、磐田市の、ヤマハ発動機本社前です。1時間ほど前から、
ふく…、福岡県警、名古屋税関などが、家宅捜索に、入りました。
捜査陣は8時20分頃に到着、30分に本社ビルに、続々と、入っていきました」
・JNN(Yahoo!)→ヤマハ発動機に家宅捜索、ヘリ不正輸出(23日09:44)
・共同→ヤマハ発動機本社を捜索 中国に無人ヘリ不正輸出か(01月23日 09時37分)
・ヤマハ発動機(株)のホームページ

                ※※

中国の軍事的脅威が増していると、政権幹部、野党党首などからの発言が
相次ぐなかで、国内、大手発動機メーカーのヤマハ発動機が、
軍事転用も可能な無人ヘリコプターを、中国に不正輸出した、というのだ。

現在、ヤマハ発動機側の記者会見が開かれているもよう。
反論、弁明も聞かなければならないが、国内の代表メーカーは、
いわば「君子」であり、君子であれば、危うきに近づかないほうがよかった。

輸出したヘリコプターは、いま現在の報道では1機らしい。
また、軍事転用と言うが、仮に転用されるとしても、どれほどの危険があるのかも、
いまの時点では、筆者には確認できなかった。

しかし、1機輸出されれば、技術がコピーされるとの心配を、せざるを得ない。
それは確かなことだと思われる。

                ※※

中国は脅威――などと、実は分かりきったことを、いまさら声高に
言いたいとは思わない。脅威と感じれば、むしろこちら側の気配を隠して、
相手の手足を封じ、うまく抑制していくことこそ、政治の場で、
最初にめざさなければならない、態度であると考えているからだ。

だが、この事件……、昨年末に報道された、上海領事館員の自殺事件から、
文脈としては続いているようにも感じられ、日中間の緊張が、
これからも緩みそうにない。

中国の人口増に歯止めがかからず、一方で9%を超える、
極めて高い経済成長が続くなかで、資源、食料、エネルギーのひっぱく迫、
環境悪化に拍車がかけられようとしている。

このまま進めば、世界は資源、食料、エネルギーを、
力ずくで奪い合う事態にならないとも、限らない。

そうした情勢のなかで、中国の影響力は増大しつつあり、
軍事力の強化が図られている。

今回の摘発が、中国側に自制を求める、
きっかけとなればよいのだが………。


                ※※
<追記、23日11:43>
今回の強制捜査は経済産業省の告発を受けてのものだった。
経済産業省は昨年末、この件で、すでに立ち入り調査も行っていた。

現在の経済産業大臣は二階俊博氏。二階氏は、対立する東シナ海の
ガス田開発について、日本側も対抗的に試掘に出る、などの措置は取らないとも
表明していた。――いわく、「日本も出て行って景気よく
試掘をやったらいいという人もいるが、私はその道は取らない」と。
・読売新聞→東シナ海ガス田問題、二階経産相「試掘の道取らない」(1月14日19時57分)

その二階氏の経産省からの告発で、今回の強制捜査が行われていることが、
また、深い意味を帯びているようにも思われてくる。
二階氏は、案外、巧者かもしれない。

                ※※
<追記、その2>
今回の摘発の動機、理由、ねらいは下記の記事のとおりかもしれない。
・毎日→<不正輸出疑惑>無人ヘリ、人民解放軍に渡った可能性も(01月23日 12時15分)

                ※※
<追記、関連エントリー>
地球の資源、食料、エネルギーの奪い合い、環境悪化について、
過去に下記のエントリーあり。お時間があれば、ぜひ、お読みください。
・当ブログ→地球環境;イースター島が警告する、人類の未来とは――?(05年06月15日)

<追記2、関連エントリー、その2>
1月24日、朝鮮総連にミサイル資料流出――のニュース。下記エントリーで。
・朝鮮総連にミサイル資料流出!――ぬくぬくと安全をむさぼれない。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-01-23 11:04 | 中国と、どう付き合う