週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
米国産牛肉、輸入禁止に!――これはこまった、仙台、だもの。^_^;
★追記、最新、21日21:36/農水省が混入していた危険部位の写真を公表した。
牛の脊柱が、シロート目にも、はっきりわかる。米側のずさんさには、呆れるばかり。
・時事通信(Yahoo!)→危険部位が混入していた米国産牛肉(写真)


                ※※

★追記、20日10:11/NHK、ニュース10を見ながら。……しかし、
考えようによっては、今回の、この危険部位の混入、情報を隠さず、すぐに明らかにし、
輸入禁止、という措置を間髪入れずに取ったことは、ある意味、評価されて
よいのかもしれない。危機管理としても、水際で防いだことになる。


★追記、21日09:33/共同の記事に、米国、担当検査官が危険部位の除去について、
必要性を認識していなかった、との記事。……ちょっと、かなり驚いてしまった。
・共同→★特定危険部位除去の必要性認識せず 米農務長官(01月21日 07時05分)

米国が認識していなかった、と言うのではなく、担当の検査官が、ということのようだが、
それにしても、ずさんもいいところだ。この、輸入再開問題では、日米共に、多くの人々が
奔走し、人知れない苦労をしている。それが水の泡になってしまうことだってあり得る。

             ――◇◆――
(ココから本文)
20日、今日夕方、輸入が再開されたばかりの米国産牛肉に、
危険部位が混入――のニュース。

農水省はただちに輸入禁止の措置を取った。
中川昭一農水相は首相官邸に電話を入れて、
農水省つぃての対応を報告、「極めて遺憾。輸入プロセスの
重大な違反だ。米国に厳重に申し入れたい」(毎日)と話した、という。
・毎日→<米国産牛肉>中川農相 危険部位混入で輸入を全面的に停止
(01月20日20時06分)


うーん……、これで、吉野家の牛丼もそうだが、
仙台の牛タン店も、また、厳しくなるのかもしれない。

                ※※

私の住んでいる街は、実は仙台――。
繁華街の国分町はじめ、街のいたるところに牛タン店があり、
それぞれ味を競っている。……しかし、その材料のほとんどを、
米国産に頼っていたとは、実は、BSE問題で米国産牛肉が
輸入禁止になるまで知らなかった。

仙台にはもともと、仙台牛という国産牛のブランドがあったのだが、
近年は、近くでは米沢牛などに押され、かなり鳴りをひそめてしまった。
代わって、全国に有名になったのが牛タン。

私が子どもの頃は今ほどではなかったのだが、
いつの間にか、この街の名産になった。

                ※※

米国産牛肉の禁止が半年、1年と長引くにつれ、
地元の牛タン店からは悲鳴があがっていた。

牛タン店は、だいたいが単一商品で勝負していて、メニューは、
どこも、ほんとうにシンプルだ。つまり、ほとんど、
牛タン定食しか置いていない。仮に、メニューにいろいろあっても、
客はほとんど、「定食」しか頼まない。

どこも牛タン焼きに麦ご飯、テールスープ、白菜の漬物と、
スタイルは似ているのだが、それでいて、各店、味わいが異なる。

ちょうど、四国のさぬきうどんが、どこも材料はいっしょ、
そしてうどんはうどんなのに、味わいが違うのと同じようなものだと思う。

                ※※

しかし、材料の仕入れに困り、牛タン店では、
じりじりと値上げが行われ、さらに、牛タン定食以外のメニューも
生まれるようになった。――そのように、最近、ニュースで伝えられていた。

                ※※

BSEの問題は、もちろん、軽く見ることなどできない。
食の安全を徹底して求めよ、との主張も当然。

ただ、ソザツ(粗雑)な米国、と言っては失礼だが、
要するに相手国に任せているだけは、もはや、
庶民のささやかな楽しみを、いつまでたっても、取り戻せない。

牛肉に限らず、貿易というのは、お互いに必要だから、
あるいは、お互いで補い合えるから、成り立っているものなのだ。

米国、米政府の責任――などと押し付けるだけでなく、
何か、日本、こちらからも、さらに手をさしのべて、
こうした問題が起きないようにできないものなのか。

                ※※

早く、牛タン、値下げになる日が来るといい……。^^


                ※※

でも、……こんな意見、少数派だし、みーんなに、
何言ってるんだ!って、また、叱られちゃうよね。あはは。^_^;

                ※※
<追記>
やっぱり、一応、米国めッ、なにやってるんだッ!!
いいかげんすぎるぞ!!!<`ヘ´>――と、怒ってもおこう、っと。


よろしければ、今日もクリックを!→人気blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-01-20 22:03 | 社会の問題、世相さまざま