週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライブドアに強制捜査!――因果応報なのか、乗り切るのか?
★続報、17日10:00記/東京地検の捜査は10時間に及び、
徹夜となった。堀江社長は午前7時から記者会見し、「ご心配をおかけしていることを
おわびしたい」と陳謝した。しかし、その一方で「事業には問題ないので
今後も拡大に努めていきたい」と、疲れた表情ながら、強気の姿勢を崩さなかった。

堀江氏はこれまで、さまざま、“奇襲戦法”を繰り出して、のし上がってきた。
しかし、今回は逆に、あべこべに自分が不意打ちをくらってしまった。
会見を聞いていて、ほんとうに寝耳に水、だったのだろうとも思われた。

★続報、17日10:05記/午前9時に始まった東京マザーズ市場……、
「ライブドアの売り注文2億株超える」と日経が速報、値がつかない状態に陥っている。

この強制捜査、そもそもの情報の出所はどこなのか、どこが、誰が、いつ、何の魂胆で、
捜査当局に情報をもたらしたのか、なぜ“今ごろ”なのか……、
落ち着いて見ていきたいとは思うが、やはり不可解な印象ではある。


                ◇◆

<速報、16日19:35>
午後7時、NHKのニュース、トップで、
ライブドアに東京地検、特捜部が強制捜査――のニュース!

テレビのニュース、午後6時半ごろ、ライブドア本社のある六本木ヒルズ、
特捜部の係官らが報道陣のカメラの放列をくぐって、中へと入っていった。
同時刻、堀江貴文社長の自宅でも捜索が開始されたとのこと。
・毎日→<ライブドア>証取法違反容疑で本社、
       堀江社長自宅など捜索(1月16日19時43分)

・共同→ライブドアを家宅捜索 企業買収で風説流布容疑 [ 01月16日 19時38分 ]

                ※※

ええッ――?!、だ。

近鉄買収への名乗りを挙げたことで、一躍、時代の寵児となった。
手持ち資金は500億円くらいある――、たしか、
名乗りをあげたあとの記者会見で、彼はそう豪語した。

新球団設立をめぐっては、楽天、三木谷浩史氏と激しくつばぜり合いを演じた。
三木谷氏が財界を味方につけ、巧みにオーナー会議を
取り込んでいったのに対して、彼は終始、野武士然として振舞った。

フジテレビ買収騒動では、その寝こみを突いたような手法で、
株式市場、多くの企業経営者を震撼せしめ、企業防衛に駆り立てさせた。

そして衆議院選挙への立候補、それも広島6区、郵政民営化反対の急先鋒、
亀井静香氏への“刺客”を買って出ての出馬だった。

そしてさらに……、昨年は「想定の範囲内」で流行語大賞にもなった。

                ※※

時代をさんざん振り回してきた、その堀江貴文氏に、
何の前触れもなく、いま、イキナリ、強制捜査の手が入った。
容疑は証券取引法違反(風説の流布)容疑。

04年の企業買収にからんで、自社や
グループ会社、ライブドアマーケティングの
株価をつり上げる目的で虚偽事実を公表した疑い。

さらにライブドアマーケティングが一昨年11月に公表した
第3四半期の決算書で、経常利益や売上高などについて
水増しした数値を公表した疑いでも。

                ※※

ライブドアはもともと、堀江貴文社長の、
強烈な個性とリーダーシップのもとに成り立っている会社。
その堀江社長自身が捜査の対象となっており、
そして、責任が問われるのは、たぶん、避けられないだろう。

                ※※

お金があればなんでも買える――など、
独特の哲学を披瀝し、若い世代の“支持”を集めてきた。
それが、いま、断崖のふちに立たされようとしている。

因果応報なのか、どうか……。
このピンチを、彼はしのげるのだろうか、どうか……。


                ※※

戦後まもなく、現役東大生で金貸し業「光クラブ」を興した社長の山崎晃嗣……。
彼は三島由紀夫の「青の時代」、高木彬光「白昼の死角」のモデルとなった。
その「光クラブ事件」を、ふと、思い出してしまった。
・無限回廊→光クラブ事件(大人向けの記述箇所あり、ご注意を)


                ※※

<追記、21:11>
テレビのニュースを見ていた家人がポツリ。
「あまり目立ちすぎたからかしらね、誰かに恨まれたのかナ……」と。
それもある得るには、あり得る。

たしかに、堀江氏も危なっかしい、デンジャラスなやり口で、
のし上がり、巨富を手にしたのだろう。しかし、そもそも、なぜ、
いま04年の出来事で強制捜査になったのか?

疑問が生まれるのは、けだし、自然と言わざるを得ない。


★★よろしければ、今日もクリックを!→人気blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2006-01-16 19:35 | 社会の問題、世相さまざま