週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「火の鳥」……アニメはうれしいけれど
NHKで毎週日曜日、「火の鳥」を見ている。
アニメになってうれしいけれど、手塚治虫の原作には、かなわないと思う。
http://www3.nhk.or.jp/anime/hinotori/

アニメになった瞬間、イメージが制約されてしまっているかもしれない。
私にとっては……だけれど。

私はなんせ、これまで生きて何の本に感動したかと言えば、
人には適当に話すのだが、本当は「火の鳥」がいちばん。

最初に読んだのは今から30年前、高校1年生のとき……。(^^;)
まだ連載中で、全シリーズがそろうはるか以前のこと。

それでも黎明編、ヤマト編、鳳凰編、太陽編、宇宙編、未来編……などは
刊行されていたはず。私が手にしたのは単行本ではあったけれど、
赤、黒、黄色……のラシャ紙の表紙をした、
今で言えば何か雑誌の、別冊のような装丁だった。

黎明編、ヤマト編、鳳凰編は、とくに気に入ってしまい、軽く50回は読み返した。
ボロボロになるまで読んだのに、あの本、どこに行ってしまったのだろう……。

輪廻、生命への執着、欲望、闘争、愛……作品のテーマだったけれど、
私は、いまだに同じ場所にいて、あたため続けているかもしれない。


成長、止まってしまったのかナ?


PS;チェンミン(胡弓奏者)が奏でるテーマ曲、……よいですね。
この方、すごい美人さんですよ。
http://www.chenmin.net/
[PR]
by yodaway2 | 2004-05-09 20:49 | 社会の問題、世相さまざま