週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
速報、内閣改造が始まった!――安倍氏は官房長官に。
内閣改造が始まった。
午後3時、NHK、第1を聞きながら、車を運転していた。
席に戻って、いま、午後3時40分。これまでのニュースで、
内閣の要となる官房長官に安倍晋三氏(森派)を起用。
党3役では武部勤幹事長(山崎派)、久間章生総務会長(旧橋本派)が留任、
党の政策取りまとめを仕切る政調会長に、
国対委員長だった中川秀直氏が就くことが決まった、と。

安倍氏はこれまで、幹事長をつとめながらも閣僚経験はなかった。
それを初入閣で、内閣の“顔”ともなる官房長官に起用した。
官房長官は毎日の午前と午後、定例の記者会見を開き、
各流のなかでは、もっとも露出が高いと言ってよい。

さらに官房長官は、第2の内閣とも言われ、コイズミ政権にあって、
重要な政策を、実質的にまとめている経済財政諮問会議のメンバーであり、
安倍氏からすれば、今後、国政運営において、
もっとも重要な経済政策に通じるうえで、絶好のポジションになる。
そして、ポスト小泉にも、絶好のポジションを占めた。

武部氏は昨日、地元選挙区の会合で、「私は小泉総理の
単なるロボットではない、偉大なるロボットなんです」と言ってのけた。
かくして、忠誠を誓う武部氏は続投となった。

久間氏は旧橋本派ながら、郵政民営化法案のとりまとめで、
混乱のなかで“党議決定”した功績が評価された。

中川秀直氏は森前総理の側近であり、かつ、首相の信任も厚い。
日本経済新聞社の記者出身で、政策通でもある。
かつて、官房長官をスキャンダルで辞めたが、この3年、
国対委員長をつとめ、裏方として徹底的に汗をかいてきた。

信賞必罰の人事であり、やっぱりコイズミ首相らしい。

                    ※※

さあて、いま、首相官邸に新3役、そして
入閣が決まった方々が、続々と到着し始めた。
テレビは、入閣が決まった議員の名前をどんどん読み上げている。

なかなか、今回も、おもしろい「劇場」になりそうだ――、と思う。


午後4時02分、Tomorrow's Wayとしての第一報、アップ!
送信ボタンをポーン、と押す。


◆「速報2、福田康夫氏、閣僚名簿からこぼれる!――ポスト小泉、どうなる?」に続く。

よろしければ、今日もクリックを!→ 人気Blogランキング
[PR]
by yodaway2 | 2005-10-31 16:06 | 風雲急!政局と選挙