週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
米、ハリケーン被害。ニッポン、早く動け――!
※日本、国際緊急援助隊の派遣を検討――のニュース。3日朝、文末に追記。

米国南部を襲った超大型ハリケーン、「カトリーナ」について――。
今朝、BSでBBC、ABCなどのニュースを見て、驚いた。

家々が水に押し流され、あるいは水没し、街はがれきだらけ。
ビルの壁は爆弾で吹き飛んだかのごとく崩れ落ち、道路は冠水し、橋は水没、寸断。
家の屋根によじのぼって、大きく「HELP US!」と書いた布を広げて救助を待つ人々……。

ルイジアナ州、ニューオリンズ市が避難所に指定した「スーパードーム」には
数万人(2万5000人との報道も)の人々が押し寄せていると言い、
さらに、そこから他の州へ避難するためのバスの周りには、
数えるのも困難なほどの人垣の輪ができ、ひしめき合っていた。

さらに、ニューオリオンズ市内の、スーパーなどの映像。
略奪が横行している――とのレポートで、人々が壊れた扉から中へ入り込み、
商品を両脇に抱え込んだり、カートに山積みにして持ち出そうとしている姿が。

カートを手で囲うようにして、一人の中年の女性がテレビに話した。
「必要なものを手に入れるには、こうするしかないのよ」

BBCのレポーター。
「まるで、(インド洋津波被害の)バンダーチェのようです。
私たちは情報の時代に生きていますが、ここでは生存に必要な情報すら、
まったく途絶えたままになっています。ニューオリンズは、
もう戻ることがないと思っていた時代に、戻ってしまったかのようです」

                    ※※

新しいニュースでは、米国の当局者が犠牲者の数は数千人にのぼる――と発表した。
・日経 → ハリケーン被災、FEMA局長「犠牲者数千人の見通し」

ハリケーンが米国南部のルイジアナ州、ミシシッピ州に上陸したのは、
8月29日朝、日本時間同日夜。もう4日経つのだが、今もって、
犠牲者の数もはっきりしていない。

米国政府は28000人もの州兵と原子力空母の派遣を決定し、
治安の維持、救助、そしてその後の復興に取り組むとしているが、
今現在の時点では治安の悪化には歯止めがかかっていないらしく、
ロイターは、ルイジアナ州のブランコ知事は略奪や暴力に加わった人を
射殺するよう州兵に命じた――とのニュースも伝えている。
・サンケイ → ルイジアナ州知事、略奪犯の射殺命じる 米ハリケーン

上陸がわかっていながら、どうしてこんなことになっているのか、理解しがたい。
これが世界を制しているはずの超大国、米国での出来事なのかどうか、理解しがたい。

                    ※※

日本政府、小泉首相は30日に、犠牲者への弔意と被災者へのお見舞いの手紙を、
ブッシュ大統領宛に送った。また細田官房長官が、2日午前の定例会見で、
日本政府として、50万ドル(――5500万円、ちょっと少なくない?)の
援助を行うとの方針を明らかにした。
・外務省プレスリリース → 小泉総理及び町村外務大臣による書簡の発出について
・朝日 → 最大50万ドルの援助へ ハリケーン被害で日本政府

できるだけのことを、しかも迅速にすべきなのだ。
インド洋津波のときと同じように、国際救助隊の派遣、自衛隊の派遣も
検討、準備されているのだと思われるが、こういうときにこそ、
ニッポンの、本領の発揮のしどころではないのか。

早く動け――、と思う。


                    ※※
<追記、午後10時10分>
いま、NHK、ニュース10を見ている。――被災地のすさまじい光景に驚かされる。
人々が群れ、口々に大統領、政府を非難、「HELP! HELP! HELP!」と叫び続ける。
これはひょっとすると、ブッシュ政権、否、米国そのものを揺るがしかねない。
ひいては、日本を含む世界のありようにまで影響が及ぶことだってありえる。
私なんかがいろいろ考えても仕方ないけれど、果断に動かないと、
取り返しのつかないことになる……と、心配になる。

                    ※※
<追記、その2、3日午前9時36分>
日本政府が国際緊急援助隊の派遣を検討(→つまり、準備に入っている)とのニュース。
町村外相が米国、ライス国務長官と電話会談、「ライス長官は謝意を表明し、
両国で派遣に関し事務的に調整を進めることになった」(毎日)――とのこと。
自衛隊の派遣もメニューに入っているのではないか。
がんばれーッ!ニッポン。……友の困難に、手をこまねくな!

-------------------------------------------------------◇◆-------------------------------------------------------
※思うところあって、ブログランキング、復活してみます。
よろしければクリックしてください。ずいぶん長い間、リンクをはずしていました。
いま、ニュース全般をのぞいてみたら、191位、ですって!スンゴイ、下位ですね。
登録はそのままにしていたので、過去のとおりのスタイルでリンク張ります。^^
(3日朝、ランキングを見たら、38位!――スゴイ、戻りかた。皆さん、アリガト。)

よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-09-02 14:49 | 米国はどうする、どうなる