週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
北朝鮮、美女応援団、またも韓国に現る。――美人の計、離間の計に油断するな!
正午前、NHKニュースを見ようとテレビをつけたら、
ふだんは見ない民放のニュースに当たった。

「9月1日に開幕するアジア陸上選手権の応援のため、
北朝鮮の美女応援団が31日午前11時ごろ韓国に到着しました。
美女応援団の登場は2003年のユニバーシアード大会以来、2年ぶりとなります。
およそ2年ぶりの登場となる彼女たちを迎えた空港は、予想されたこととはいえ、
すさまじい熱気に包まれました」(FNNから、冒頭部分)

                    ※※

けっこう、これが笑いごとで済ませてよいニュースに思えないような気がする。
この「美女応援団」は、2003年のユニバーシアード大会で一躍、脚光を浴び、
韓国国民を少なからず、熱狂させた――。

彼女たちはお揃いの民族衣装(チマチョゴリ)、ユニフォームで行動し、
応援は決められたリーダーに従う、徹底的に統一されたスタイルで、
揃ってカスタネット(?)を打ち鳴らし、揃って体を右、左に動かし、
揃って笑顔を見せ、揃って拍手し、揃って歓声を挙げる――というものだった。

さらに、彼女らは政治的な役割についても教育を受けていると見え、
追い掛け回す報道陣のマイクにも“失言”はなかった。
また、開会式や表彰式では日本選手団が彼女らの前を通るときには、
他の国との間に差をつけるように、ピタリとその演技を止め、静まりかえり、
日本に対する北朝鮮の政治的意思、民族的な敵愾心を演出した。

今回、韓国を訪れた美女応援団は、は北朝鮮のピョンヤンにある金星学院の
女子学生を中心とし120人余りとのこと。
2003年のときと同じ光景がよみがえりそうだ……。

                    ※※

いま、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議が一時中断している。
9月半ばに再開される見通しとのニュースも伝わるなか、
水面下で激しい鍔迫り合い、駆け引きが行われていることは、想像に難くない。

中国の、韓国の政府首脳、外交官が北朝鮮、米国などを頻繁に行き来し、
米国と北朝鮮もニューヨークなどで交渉を重ねているとのこと。
6カ国協議の議長、中国の武大偉外交部副部長も先ごろ、来日したばかり。

中断前の6カ国協議では、韓国が独自に200万キロワットの電力供給案を提示し、
米国、中国、ロシア、日本も提案自体については了解せざるを得なかった。
また、中断後には鄭東泳統一相が、北朝鮮の核の平和利用を容認する発言を行い、
米国、日本との距離が広がっている印象を強めた。

どうも、6カ国協議の構造は、韓国が重心を明らかに移動させていて、
日米韓×中露・北から、日米×韓・中露・北に変化しつつあり、
さらに拉致問題を抱える日本の立場が、関係国のなかで
特別に映りつつあるのかもしれない。

                    ※※

北朝鮮は韓国をあの手この手で懐柔することが、
金体制の存続には欠かせないと認識しており、
民族統一問題も、このことに利用しようとしているのは明々白々。

また、韓国は実質的に北朝鮮を自国に取り込むことによって、
将来的に朝鮮半島に連邦国家でもつくりたいとでも考えているのか、
米国や中国、ロシア、まして日本の自由にはさせない、と考えている。

                    ※※

北朝鮮の美女応援団は、あからさまな韓国国民の懐柔策であり、
近く再開される6カ国協議をにらんでの、国際的なプロパガンダ――。
120人余りの美女応援団が、今回も、外交官、政治家による、
正規の外交、国際交渉をしのぐ効果を、北朝鮮にやすやすともたらしそうなのだ。

関係国をぎくしゃくさせるという面では離間の計、
相手を篭絡するという面からは美人の計……ということになる。

                    ※※

日本はいま、総選挙の真っ最中。――しかし、仮に選挙でなかったとしても、
6カ国協議では、非常に動き方が難しい。ただ、だからと言って、
守りに徹しているだけでは、選択肢は狭まるだけようにも思われてくる……。

                    ※※

かつて、日露戦争のさなかに勃発したロシア革命は、
東洋の新興国、日本が陰で仕掛け、操った――との歴史のエピソード。
いまの日本外交に、そのときの情報力、知略を
呼び覚ますことができないものか……などと、ふと、考えた。
[PR]
by yodaway2 | 2005-08-31 17:24 | 風雲急!政局と選挙