週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
郵政民営化法案、委員会を通過――。乾いて候。(速報)
郵政民営化法案が、ついさきほど、午後5時33分に、
衆院特別委員会で可決された。

委員会での可決は既定路線であったとはいえ、
何か意外なほど淡々と進行し、乾いているようにも感じた。
今日一日、混乱はまったくなかった。

通そうとする政府、政権にとっても、
阻もうとする抵抗勢力、郵政懇話会側、野党にとっても、
もとから、剣が峰は明日の本会議――だった、ということのよう。

                    ※※

今日午後から、ときどき委員会のようすを、テレビで見ていた。
民主党など野党が締めくくりの質疑を行い、
首相、竹中担当相はじめ政府側、そして生田郵政公社総裁らが答弁した。

夕方にはテレビ中継が終わり、そのあと、
インターネット、衆院TVにてネット中継で見ていた。
アクセスが集中しているとみえて、たびたび画像、音声が乱れた。

野党側による締めくくりの質疑が終了し、委員による賛成、反対討論へ。
各党とも、たぶん、党において用意した原稿があり、
それを手に持って読み上げるようなカタチ。

ある党の委員は、事前の読み込みが不足していたのだろうか、
2、3度、詰まりながらの”朗読”だった。

委員会の行われた部屋の後ろ、壁側には傍聴に駆けつけた野党議員がずらり――。
多くは民主党、社民党議員なのだろうが、手に手に、たぶんPCで出力した、
「廃案」と大きな文字で書かれた紙を手にしていた。

二階俊博委員長が討論の終了を宣し、午後5時27分、採決へ。
「山崎拓委員ら2名提出による郵政民営化法案関連の……修正案を採決します。
賛成の諸君はご起立をお願いします。賛成多数、よって、××修正案は採決されました。
続いて、郵政民営化関連の…………」。
関連法案が次々と採決され、そのたびに、自民党、公明党の委員が起立。
野党側の委員は体を曲げたり、反ったりさせながら着席のまま。

与党側委員による何度かの起立、着席が繰り返され、午後5時33分、採決が終わった。
まっ先に首相が立ち上がり、与党側委員と握手しながら部屋の出口へ。
PC、リアルプレーヤーのスクリーンに「散会」の文字が現れ、ほどなく暗転した。

                    ※※

明日の本会議……、否決されれば、当然のことながら、解散、になる。
ちょっと、注意は必要な雰囲気だと思う。


                    ※※

久しぶりのエントリーになった。
ちょっと立て込んで、ブログに手が回らなかった。
10日も間が空いてしまったけれど、また、コツコツ書いて行こうと思う。

エントリーしない間にも、日々、ニュースは尽きることなく流れてきていて、
次の時代に、意識するとしないとにかかわらず、
影響しそうな出来事も少なくなかった。

できる範囲で――と言わざるを得ないけれど、
目を見張り、耳を凝らしていきたい。

かつて、日本が戦争を避けられなかったのも、
時代の空気に、だんだん麻痺していった結果ではなかったかと考えている。

小さなことに思われても、それが、ちょっとの時間で、
まるで違う様相を見せ始めることだってある。
たとえ、私個人が、それをどうこうできないとしても、
せめて、見逃したくない。
[PR]
by yodaway2 | 2005-07-04 18:02 | 風雲急!政局と選挙