週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
BS、映画音楽ベスト100――、やっぱりいい!
ちょっと、夕食までのブレイクタイム――。
まだ、夕食が出来上がっていないので。

いま、NHK、BS-2で「アメリカ映画音楽ベスト100」を見ている。
アメリカ映画協会、AFI選。

ロッキー、フラッシュダンス、サウンド・オブ・ミュージック、ボディガード、
雨に濡れても、真夜中のカウボーイ、ウエストサイド物語、
キャバレー、マイフェアレディ、スター誕生、タイタニック……。
映画ごとに、曲ごとに、作曲家、歌手、監督、出演者など、
ゆかりの人たちが登場し、コメント。

すごく月並みだけれど、ものすごく、感動する――。
スクリーンからあふれてくる夢、希望、理想、愛、勇気、戦い……。

そして最近、映画、見てないなあ……と。

                    ※※

高校生のころ、劇場で「サウンド・オブ・ミュージック」を友人と見たことがあった。
友人はボロボロ泣いて見ていた。
映画も思い出に残っているが、そのときの彼の顔が忘れられない。
(ちなみに彼はすごいバンカラで、泣くようなイメージでは、まるでなかった。)

また、「風と共に去りぬ」――は、中学生のときに、はじめて見た。
ビデオなんて、まだなくて、もちろん劇場で見た。
ときどきリバイバル上映されていて、そのたびに足を運び、
劇場だけで7回も見た。(いまはDVDで見ている。^^)

少年だった私は、レット・バトラー(クラーク・ゲーブル)の男らしさにショックを受け、
それからずっと、理想とし、心のなかで教科書にしていた。
(現実の私は、もち、宇宙的に理想とは遠いけれど、ね。)

                    ※※

ところが最近、映画館に出掛けていない。
それどころかDVDでもテレビでも見ていない。

キミ、ココロが摩滅してきてるなんてないよね、――と、
思わず、自分に問いかけてみた。

番組はまだ途中……、夕食の支度が整ったらしい。
さ、ガンバロっと。
[PR]
by yodaway2 | 2005-06-17 21:20 | ブログの気持ち、いろいろ