週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
友――について。古いノートに走り書きしていたメモ。
今日は時事ネタではなく、ある日、書き留めた、一片のメモ……。
机の上の書類を整理していたら、出てきた。
ずいぶん前に書いたのだと思う、予定などを記入している、
古いノートの、なぜか表紙の裏に、走り書きしていた。

友――、について。

                    ※※

人は生きていくうえで、友がどうしても必要。
友は自分の足らざるを補い、長ずるを高揚せしめる。
ときに、制しては自重を促し、ときに、臆する心を鼓舞してくれる。

助言に耳を傾けよ――。
自分ひとりの考えで、すべて足りることなどあり得ない。
気がつかないとしても、どこかに欠点は潜んでいる。

友からの助言は自分を写す、鏡のようなもの。
友の鏡に映る、自分を見るには、覚悟がいる。

ただし、友が友であるとわかるには、
ある程度、時間が要る。

何かの瞬間に意気投合しても、それで友とは言えない。
時間をかけて、お互いの価値を感じあい、
そして欠点を許容しあうには、やはり、少しの時間がいる。


                    ※※

以上、すべて書いてあったまま。
捨ててしまうにも、ちょっとひっかかり、
ブログにエントリーしてみる次第。

いずれにしても、人は自分ひとりでは、絶対に生きていけない。
だれかにアドバイスしてもらったり、背中を押してもらったりしないと、
うまく生きていけないものだ……、と思う。
[PR]
by yodaway2 | 2005-06-07 02:41 | ブログの気持ち、いろいろ