週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
中国、ドタキャンの理由は「靖国」と発言――。日中は冷戦状態に。
中国、呉儀副首相の首相との会談キャンセルについて、
中国政府が発言を翻し、「靖国問題にある」と言明したニュースについて。
NHK、午後7時のニュースを聞きながらタイプする。

一つ前に、「呉副首相のドタキャン事件。……割り切れない、背景のハテナ?」
アップしたばかりだが、続報せざるを得ないと思う。
(ぜひ、一つ前も、あわせてお読みください。^^)

中国外交部、孔泉報道官は記者会見で次のように述べた。
「日本の指導者の最近の言論によって、会談に必要な雰囲気がなくなったためだ」(共同)

「私が緊急の公務と言ったことはない。
呉副首相の訪日中にもかかわらず、日本の指導者から不適切な発言が繰り返された。
日本の一部の人々は不満に思っているかもしれないが、
被害国の人々の心情をわかっていない」――とも。(記憶の範囲、多少不正確かも)

                    ※※

日中は完全に「冷戦」――の状態になってしまった。
ここまで来てしまうと、もうしばらく、政治の面での修復は期待できないのではないか。
国益、拠って立つ歴史、文化が違う以上、日中間に対立が生じるのは、ありがちなこと。
対立するなら対立するで、それは仕方のないことだとも思う。
――が、なにか、今回の事件はばかくさい。

                    ※※

世界から見れば、中国も中国だが、日本も日本……ということになってしまう。
どちらの国も知恵がなさすぎる、と映るだけだし、実際にそうなのかもしれない。
知恵が働かない政治は見ていて、ほんとうに嫌になる。

日本の政治リーダーも、中国の指導部もパーツしか見ていないような気がしてきた。
ほんとうに、ばかくさい。

短いけれど、情報の更新を踏まえ、アップする次第。


※一つ前のエントリーをあわせてお読みいただければと思います。
 →呉副首相のドタキャン事件。……割り切れない、背景のハテナ?

※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-05-24 19:26 | 中国と、どう付き合う