週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
補選、自民2勝。民主党は立て直し急務に――。(速報)
福岡2区、宮城2区の衆院補選で結果が出た。
福岡は首相の盟友、山崎拓氏が返り咲き。
宮城は公募候補、42歳の秋葉賢也氏(前県議)がせり勝ち――。

報道では「首相に追い風」「首相、政権運営に強気」などの
見出しが多いけれど、むしろ、今回の結果は
民主党に対する影響から見るべき。

                    ※※

共同の見出し。
「岡田代表の求心力低下、民主、戦略抜本見直しへ」。
こちらの側面の方が気がかり。

同記事にあるとおり、福岡、宮城の候補者は、
民主党の影の代表、小沢一郎氏の主宰する「小沢塾」の塾生だった。

岡田氏の求心力云々もさることながら、
小沢氏その人も責任が問われる事態――のはず。

                    ※※

山崎氏については、もともと、”実力者”ゆえ割愛。
山崎派出身のタケベ幹事長は、さぞやホッとしていると思われる。

秋葉賢也氏は県議3期、松下政経塾の出身。
非・2世議員。この補選を千載一遇のチャンスとみて、
公募による候補者選考に手を挙げ、出馬した。

選挙では自民党・安倍幹事長代理が、
何度も仙台入りし、ほとんど付っきりの状態に見えたほど。
それで、補選での当選ではあるけれど、
ひょっとすると、たぶん、ゆくゆく森派入り――ではと思う。

                    ※※

民主党、岡田氏は「立て直し」を余儀なくされる。
個人的には、小沢氏から離れる方が、
民主党は健全になる――との感想を抱く。


                    ◇◆
≪資料編≫

◇衆院宮城2区補選開票結果(選管最終)
当 58,023 秋葉賢也(自新)
  52,381 門間由記子(民新) 
  22,702 菊地文博(無新) 
   8,358 五島平(共新) 
   6,808 田山英次(社新) 

※投票率は36.75%(03年11月=前回衆院選;54.87%、▲18.12ポイント)
宮城県内において投票率は戦後最低。当日の有権者数、40万7903人。

※山崎拓氏についてはこちらで。→自民・山崎拓氏が復活 衆院補選福岡2区(朝日)

※この項、短信にて失礼。
※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-04-25 01:47 | 風雲急!政局と選挙