週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
春暁ガス田、韓国企業がパイプライン敷設――の記事。ハテナ?
コネタ、と言えばコネタになるのだけれど、しかも遅ればせなのだけれど、
ほかではあまり(ひょっとするとほとんど)取り上げられていない、
ちょっと、ひっかかる記事があった。

中国が東シナ海で、日本側が境界とする中間線スレスレに建設している、
春暁ガス田が10月に完工し、生産開始の見通し――とのこと。
21日人民日報電子版が新華社報道として記事にした。
・人民網日文版→「春暁ガス田、今年10月に完工へ」

                    ※※

完工の見通しについては、日本のメディアでも報道があったが、
気になったのは、記事中、次のくだり。
「 春暁ガス田の総合開発プロジェクトは中国の重点投資事業で、
中国中海石油公司が請け負う。うち浙江省寧波市三山から春暁ガス田までの区間、
同ガス田から採掘施設までの区間の、海底パイプライン敷設工事、テスト運転は、
韓国の現代重工業が担当する。
パイプラインは全長470キロメートル」

まず、完工へ――ということそのものが、日本にとっては、看過できない事態。

当ブログにても、たびたび取り上げてきたけれど、
中国政府は、日本側の抗議、工事の中止要請に一向に耳を貸そうとせず、
かつデータの提供にも応ぜず、開発を進めてきた。

日本政府、経産省はやむを得ず、対抗措置として、
現在、民間業者への試掘権付与の手続を進めている。

しかし……、このガス田に、韓国の財閥グループ出身の、現代重工業が
絡んでいる、参加しているとは知らなかった。

過去、欧米、メジャー系の企業が参加していたが、表向き(つまり裏あり?)、
採算が採れないとして、撤退した状況とだけは知っていたけれど、
その後の、パイプライン敷設工事までは、気が回らなかった。

それが、人民日報のサイトに、あっさり記事になっている。
この、パイプライン敷設工事、請負企業について、
日本のメディアは、どこか、取り上げたのだろうか?

                    ※※

韓国政府の行いではない。
韓国の財閥系とはいえ、民間企業の参加――ではある。

が、しかし、東シナ海のガス田については、
日本と中国とで激しく対立した状況にあることは、
当然にして、韓国にも伝わっているはず。

まして、政府とも、極めて太いパイプを持つ、
現代グループ出身の企業ではないか。

                    ※※

韓国の現代財閥は、鄭周永氏が1947年に設立した現代建設がはじまりで、
鄭周永氏が1代で築いたのだという。

現代自動車グループも傘下のひとつで、三菱自動車と提携、
日本にも進出を果たしていることは、周知のとおり。
また、同財閥は北朝鮮、金剛山観光事業も手掛けており、
このことも、何かとニュースになると思われる。

かつては韓国最大の財閥だったが、97年末の
韓国危機を境に経営危機に陥り、現在、再建途上とのこと。
ただし現代重工業は系列分離し、独立して経営されているらしい。
(※お詳しい方がいればフォローしてください。誤りがあればご指摘ください。)

                    ※※

現代グループの北朝鮮、金剛山観光事業は、
ひとつの民族として、国家統一の理想のもとにすすめられていること。
このことについては、私たち日本人も理解しなければならないと考える。

だが、東シナ海で日本と中国がぶつかっている問題に、
何もからんでくることはないだろう……というのが、
このニュースに触れた瞬間の、私の感想だった。

                    ※※

韓国政府と韓国の企業を、ごちゃまぜにして見てはいけないと思いつつ、
やはり、疑念を抱かざるを得ない……。

仲良くしたくとも、どうしてこうもすれ違いを感じてしまうのだろうか。
そんなことはない、と言えるだろうか。


                    ※※
≪追記≫

東シナ海ガス田問題は歴史問題と関係なし。
日本政府には、適確に、きちんと、毅然と対処してほしいものです。

                    ※※
≪追記2≫

●韓国首相、演説で日本のおわびを否定――だって。

新たにエントリーにするほどでもないので、追記。
韓国首相がAA会議で演説し、「小泉首相の演説を事実上否定」と時事が報道。
・時事(Yahoo!)→日本の歴史認識を3回批判=小泉演説を事実上否定-韓国首相

何、考えているんだろうね……、韓国の政府は。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-04-23 17:50 | 中国と、どう付き合う