週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライス長官来日。牛肉問題ばかりの報道にウンザリ……。
昨夜、国務長官としては、初の来日をしたライス長官――。
今日午前、町村外相と会談した。コイズミ首相とも会談することになっているが、
現在(19日17:25)のところ、まだ、伝えられていない。

町村外相との会談については、各紙(各サイト)、とりあえず記事が揃った。
――のだけれど、見出しを並べて見ると、ちょっとウンザリする。
どれもこれも、どこもかしこも「牛肉輸入再開」。

なんだこりゃあ……、米国の国務長官との会談で、これが中心議題なのかい?

・牛肉輸入 早期再開迫る 米国務長官、町村外相と会談(サンケイ)
・米国産牛肉、米国務長官が早期輸入再開を要求(日経)
・牛肉輸入再開を強く迫る 米国務長官、外相会談で(朝日)
・日米外相会談: 米国産牛肉の輸入再開時期「明示は困難」(毎日)
・ライス国務長官、日本の牛肉輸入の早期再開を要求(CNN)
※まとめて→Googleニュース<CNN記事関連>

                    ※※

記事本文を読めば、それは北朝鮮の核開発問題、拉致問題なども、
それはやはり話し合われたと書いてある。

しかし、たとえば毎日の記事では「会談ではこのほか、北朝鮮の
核開発問題をめぐる6カ国協議への同国の早期・無条件復帰の必要性を確認……」と、
牛肉問題以外が「このほか」の問題扱いになってしまっている。

牛肉問題が取るに足らない問題――とまで言いいはしないけれど、
果たして、このことが日米双方にとって、新聞の見出しを
揃いも揃って躍らせるほどの、トップ・イシューなのだろうか。

6カ国協議再開の問題、拉致問題への協力要請、
台湾問題、在日米軍再編の問題、イラク情勢、テロ対策……。
日米間には、実に話し合うべき、緊張を孕む問題が目白押しではないのか。

もしかしたら、牛肉輸入再開問題は
真に重要な意見交換部分のカモフラージュなのかもしれないけれど。

                    ※※

ひょっとすると、私の方が良識にかけているのかもしれないが、実は、
情報公開を徹底することを前提に、さっさと輸入再開すればよいと考えている。

産地情報を含めて、情報公開が徹底してさえいれば、
あとは消費者が判断することを合意して良いと思うのだが、いかがだろう。
米産牛肉が危ないと思う消費者は、買わなければ良いし、食べなければ良い。

それに、いかに防御策を講じても、この先もBSEの再発は、
あり得るのではないかと考えている。
一つの原因を取り除いても、また別の原因によって、
新たな障害が生まれるかもしれない。

むしろ重要なのは、情報公開と万が一の場合の危機管理ではないのか。
そして消費者それぞれの選択ではないのか――。

                    ※※

少し飛躍してしまうけれど、私自身は地球環境の悪化、
食糧、エネルギーの供給ひっ迫について、けっこう悲観的に見ている。

その中でバイオテクノロジー、原子力エネルギーについては、
冷静にとらえ、可能性があるなら活かす方が良いのではないかと考えている。
あれこれ、紆余曲折してきた結果、現在はそう考えるようになった。

ひところ環境ホルモンが話題になり、コンビニエンスストア、スーパーの棚から、
カップラーメンが消えたことがあった。しかし、しばらく立つうちに、
環境ホルモンの話題は誰も話さなくなった。

それとBSEが同じだとは言わないが、米国だって無策であるとは思えない。
BSE対策を怠れば、政府が輸入を認めようが認めまいが、
それ以前に市場から見放されるだけのこと。

繰り返してしまうが、とにかく情報公開がきちんとしてさえいれば、
消費者が判断して良いと思われる。だから、吉野家の牛丼も、
食べたくない人は食べなければ良いだけの話――。

                    ※※

日米が、いま、話し合わなければならないのは、
まず、北東アジアの安全保障であり、そして日本が米国に協力を求めたいのは、
北朝鮮による拉致事件解決だと思う。国連常人理事国入りの件もある。
米国の京都議定書離脱に対して翻意を促すのも良いと思う。
とにかくいろいろあるはずだ。

食の安全は大切だが、方向もしくは順序、
バランスが違っているように思えるのだが……、どうだろう。

せっかくの日米会談が、何か、
滑稽にさえ見えてしまっているのは、私だけなのだろうか。

ちょっと今日は、米国(→ライス長官)の肩を持ってしまった。
皆さまからは批判の的になるかもしれない……。
でも、そう考えるので、送信ボタンを押すことにしたい。(ヤバっ……かな。^^)


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-03-19 17:40 | 米国はどうする、どうなる