週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ライブドアVSフジ、窮地に追い込まれるホリエ氏――?(人物編)
ニッポン放送株をめぐるライブドアとフジの戦い、
そして堀江貴文社長について――。

株式のことについて、私は詳しくないけれど、
それでも連日のニュースに息詰まるものを感じる。
その登場人物の動きに……、心理に……、
それを取り巻く”背後関係”に……。

                    ※※

プロ野球、近鉄買収に名乗りをあげたとき、
そして仙台を本拠地とするプロ野球球団所有をめぐる戦いで、
堀江氏は、マスコミや世間から、けっこう大きな支持を受けていたけれど、
それがどうも、今回は厳しい視線も浴びている。

ここ2、3日の報道では、そうしたシンパの面ばかりではなく、
株取得劇そのものの形勢が不利に傾いているような雰囲気に変わってきている。

                    ※※

ひとつは、ライブドア社の株式が下落を続けており
18日、東京株式市場(東証マザーズ)で前日比33円安の323円で取引終了、
終値で今年の安値を更新したこと。

これには▽フジテレビによる株式公開買い付け(TOB、25%目標)が
成功しそうだとの観測が強まった▽ライブドア転換社債の引受先、
リーマン・ブラザーズ証券が同社株の一部をすでに売却していた――の
2つの材料が、ライブドア不利と市場に判断させたのだという。

リーマン証券は転換社債引き受けの条件として、10日に、
堀江社長が個人で保有するライブドア株約2億2000万株(昨年9月末現在)の
約2割に相当する4672万株を借り受けたが、関連会社を通て、
その一部を売却していたという。しかもそれは「空売り」で、ライブドアの
値下がりを見越したものだったというのだ。冷徹――というより他はない。

                    ※※

また、昨日から経済界、そして閣僚――伊藤金融大臣、竹中経済財政担当相、
麻生総務相が次々と、ライブドアに批判的、もしくは制度の修正に言及する発言をしている。
▽ライブドアによるニッポン放送株を大量取得が市場が開く前の時間に、
制度の特例として行われたこと▽放送会社(今回はフジテレビ)が
外国資本(今回はリーマン証券)によって間接支配されかねないこと――などが、
フェアではないと批判されたり、制度の欠陥として指摘された。

けっこう、今回、堀江氏は四面楚歌に向かいつつあるのかな……と、
そんな雰囲気に見えてきている。

                    ※※

堀江氏は1972年、福岡県八女市に生まれた。32歳。
地元の名門校、久留米大附設中・高を卒業し、東京大学文科Ⅲ類に入学、
同文学部宗教学科に進んだ。(――宗教学科とは意外!^^)
ソフトバンク、孫正義氏は高校の先輩にあたる。

「大志を抱いて東大に入学したわけではない」と言い、
講義をサボり始め、遊び、ギャンブルに明け暮れる日々を続ける。
生活費にも事欠くようになったらしいのだが、そうしたなかで、
アルバイトで、塾向けのパソコンを使った教材開発をプログラミングし、
このことが、のちのIT起業につながっていく。

東大在学中(6年で中退)の96年、知人らから600万円の元手を借金し、
友人4人とホームページ制作会社「オン・ザ・エッヂ」を設立。
六本木プリンスホテル近くの雑居ビルで、4畳半の部屋に机4つを並べた、
実にささやかなスタートだったのだという。

ヒューレット・パッカード、アップル、Amazon、Yahoo!など、
いまや世界的となったIT企業も、揃って”ガレージ”から始まった。
いわゆるガレージ・ベンチャーで、堀江氏もイメージがだぶる。

その後、有名人のホームページを手掛けるなどして会社は右肩上がりの一方、
さらにM&Aを繰り返し、無料プロバイダであったライブドアを買収、
社名変更(何度かしている)し、現在に至っている。

主な事業所は楽天、そしてリーマン証券、さらに今回のニュースで
登場しているもう1社、村上ファンドと同じ六本木ヒルズ森タワー(38階)。
資本金239億円、社員数1288名。2000年4月、マザーズに株式を上場。
2003年の連結決算で売上108億円、営業利益15億円、経常利益13億円だった。

                    ※※

先週のサンデープロジェクトで田原総一郎氏、
割って入った慶応大教授の草野厚氏と激しく応酬するのを見た。
そのほかにもテレビのインタビューに答えるようすも見ている。

ずんぐり、ぷっくりした体躯で、手の甲がふんわりとしている。
かなりの猪首(いくび)、顔が少し大きい。下唇がややぷっくり。
眠そうな目をして話すかと思えば、ぎろっとした視線も送ってくる。

浮かないもの言いをしたかと思えば、自分の主張を、
間に髪入れず、繰り出してきたりもする。
比喩、たとえも独特でたくみ。

フジの打ち出した対抗策――株取得目標を50%から25%に引き下げるなどに対して、
「最初から織り込み済み、将棋で言えば”穴熊”ですよ」と。
『穴熊』とは、将棋では「王将を自陣の隅に囲うもの」の意。(大辞林)

際立った合理主義者――、であるとは言える。


                    ※※

善悪、好悪はさておいて、おもしろい人物には違いなく、
もし、私が作家だったら、けっこう、創作意欲をかきたてられるかもしれない。



<追記>
ホリエモン・バッシングになってきたね。
孫正義センパイも苦言を呈してきたりして。。。
フジテレビからのTOBの誘いをはねつけたというのだけれど、
やっぱり、ちと、形勢不利じゃないのかなあ……、ホリエモン。^^

※小見出しは、明日午前中までに付けます。
※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-02-19 18:06 | 経済を、ちょっと考えてみる