週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
魚釣島灯台:ホソダ長官から、ひと言あった。^^
尖閣諸島・魚釣島に日本の政治団体が建設した灯台を
海上保安庁が保守・管理し、国の管理下に置かれることになった――とのニュース。
外交ルートを通じて、中国側にも伝達したという。
日経、NHK、他各紙にて報道あり。

今日午後の、ホソダ官房長官による定例会見で明らかにされた。
で、――それに伴い、次のようにひと言、ご注意があった。

「(日中関係の影響について)そういうことを報道で提起することが、
先方にも楽しみを投げ掛ける面もあるので、
しっかりと対応していただきたい」(日経)。

先方に楽しみ……、と。楽しみ、ねえ。あはは。^^
ホソダ長官の、この言い回しに、ちょっと気がなごんだ。

                    ※※

まじめそうなホソダ長官なのだけれど、
注意して、そのご発言を聞いていると、けっこう皮肉を込めたり、
意地を張ったり……と、”楽しめる”ことが。

たとえば、次の、以前のエントリー。
・拉致問題。ホソダ長官、怒りの心。――それでも時間が要る、と。
昨日のエントリー、「鬼の霍乱……」なんかもそう。

けっこう、個人的に付き合えば、おもしろいところ、ある人かもね。

                    ※※

各報道で「日本の政治団体」としているのは、日本青年社。
灯台は88年に建設され、その後、石垣島の漁業関係者の所有となっていた。
尖閣諸島、魚釣島には、昨年、中国人が不法に上陸、
沖縄県警が入管難民法違反の現行犯で逮捕、強制送還した。

会見で、官房長官は「尖閣諸島が日本固有の領土であることは
歴史的にも国際法上も疑いはない。まったく問題はない」(サンケイ)と、
いつもの調子で、ひょうひょう、サラリと。

                    ※※

いろいろ書きたいところなのだけれど、実はいま、サッカー観戦中!
それで、大変申し訳ないけれど、外務省、下記のページをリンクします。
今日は、これでカンベンしてくださいね。^^
・外務省→尖閣諸島の領有権についての基本見解
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/index.html

サッカー、後半戦に入るので、短いエントリーになってしまったけれど、
今日はこのまま、アップ。後ほど、また。^^


                    ◇◇
<追記>

尖閣諸島の問題は、ゆるぎない姿勢で、粛々と国が管理すればよいわけです。
これまで、中国(+台湾)に気兼ねして、きちんと対処しなかったことが、
かえって問題を難しくしてきたように思われますね。
今回の措置は、仮に、マスコミなどが言うように、中国側から反発があるとしても、
なんら動じる必要のない問題ですね。
ハーフタイムが、まだ続いているので、ひと言、書き足しました。^^


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-02-09 20:25 | 中国と、どう付き合う