週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロジェクトX、今夜の話はすごいと思った。(地下鉄サリン事件)
今日3つ目のエントリー。
夕食を食べながら、NHKの「プロジェクトX」を見ている。
まだ、途中。――「地下鉄サリン 救急医療チーム 最後の決断」。
これは、すごい話だ。

                    ※※

地下鉄駅で次々と人が倒れる、原因がわからない。
その数、3000人以上……。
サイレンの音、混乱する現場、しかし救急病院の手配ができない……。

10分ほどの場所にあった「聖路加国際病院」。
院長、日野原重明氏。
現場を見て、「すべて受け入れる」と。
ただちに外来診療が停止され、病院の医師、看護師、スタッフが、
救急救命センターに集められたのだという。

空きベッド、車椅子がすべて集められ、
症状の軽い患者は礼拝堂に。

救急救命センターの医師、石松伸一氏。36歳。
患者の瞳孔収縮に、サリン中毒を疑う。
解毒剤「パム」が頭に浮かぶが、確信が持てない。
「パム」はサリンの解毒には有効だが、それ自体が猛毒。

そこへ、テレビで事件を見たと、信州大付属病院から電話が入る。
電話の相手は半年前に松本サリン事件で治療にあたった医師だった。
「サリンと思われます」。

前後して、病院へは非番の看護師らも駆けつけてくる。
そして次々と運び込まれてくる患者。
石松医師は「パム」の使用を決断、
心肺機能が停止しかけていた患者に投与した。

すぐさま、病院のスタッフはパムの手配に走る。
新幹線に飛び乗り、浜松、静岡……と回り、
230人分のパムを調達して戻ったのだという。

                    ※※

院長、日野原氏の決断もすごい。
本来なら、到底、受け入れがたい数の患者を「すべて引き受ける」――とは。
全スタッフに号令をかけ、一気に動かすとは。

医師たちもすごい。
「決断しなければ、と、背中を押される気持ちだった。
間違えば、責任を取らなければならないと考えた」と。

看護師、その他のスタッフたちもすごい。
それぞれが混乱のなかで、必死に動いたのだから。

                    ※※

事件当時の院長、日野原重明氏は、『100歳になるための100の方法』(文藝春秋)、
『死をどう生きたか』(中央公論新社)、『老いを創める』(朝日新聞社)など多数の著書がある。
別の番組で、先の戦争、東京大空襲のこと――を話すのを聞いた。

病院にあふれる患者を、治療薬もない中、
手当てしなければならなかったようすを話していた。
「戦争だけはしてはいけない」、そう語っていたと思う。

戦争を体験した方であるだけに、地下鉄サリン事件にあたっても、
瞬時に大きな決断をなし得たのかもしれない。

こうした方の話には、耳を傾けないわけにはいかない。

                    ※※

――と、書き終えたら、番組終了。
「プロジェクトX」は、いつもは見ていない番組。
でも今日は、夕食と重なり、たまたま見た。

もう放送は終わったけれど、ご覧にならなかった方には、
再放送される場合にぜひと、オススメしてもよいかも、、、と思った。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-02-08 22:16 | 社会の問題、世相さまざま