週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「鬼の霍乱」論争に、辞書を引いてみた。+ホソダ長官のこと。^^
今日2つ目のエントリー。6時のニュースを聞きながら、ちょっとコネタで。
コイズミ首相が先週、予算委員会でズルズルと鼻水をすすり、
週末、ついにダウン。6日夜、女房役のホソダ官房長官に電話――。
「ダメだ、風引いちゃった。明日は休ませてくれ(ズル…)」。

7日午前の定例の記者会見で、ホソダ長官がそれを、
「ま、『鬼の霍乱(おにのかくらん)』ということでしょうかね」と。

                    ※※

約束どおり、1日で”復帰”したコイズミ首相。
ホソダ長官の会見を、たぶんニュースで見ていたようすで、
「古い言葉をつかったねえ。霍乱は暑気あたりに使うが、
今は冬だから暑気あたりはないよな」と、記者団に。

ところが、ホソダ長官、これを聞いて、再び定例会見にて……、
「総理は辞書で調べられたと思うが、まあ、非常に健康な人がために
病気になることを鬼の霍乱というのであります」(毎日)と。

毎日はホソダ長官の”再発言”を「フォロー」と書くが、
どうもそうじゃないような……。意地、張ったんじゃないのかナ?

                    ※※

それにしても、カクランが「暑気あたり」のこととは、正直、ふーん、だった。
良い機会なので、いま、さっそく辞書で確かめてみた。

広辞苑。霍乱。
「暑気あたりの病。普通、日射病を指すが、古くは吐瀉(としゃ)病も含めて用いた。」
ほんとうだ。(!)

しかし広辞苑、「鬼の霍乱」となると、
「いつもは極めて壮健な人が病気になることのたとえ。」

インフォシーク、大辞林、「霍乱」の方は次のよう。
「かくらん くわく― 0 2 【▼霍乱】
夏に起こる、激しい下痢や嘔吐を伴う病気の古称。
今日の急性腸炎・コレラ・赤痢などか。また、日射病・暑気あたりともいう。
「鬼の―」[季]夏。」

ついでに同・大辞林、「鬼の霍乱」
「――の霍乱(かくらん)
〔「霍乱」は暑気あたりの意〕いつも非常に健康な人が、
珍しく病気にかかることのたとえ。」

                    ※※

霍乱は、たしかに、もともと「暑気あたり」の意。
ただし、「鬼の霍乱」と使えば、ホソダ長官の言う意味でOKということになる。
勉強になりました。^^

コイズミ首相とホソダ長官は、官邸で隣同士の部屋(あたり前だけど)、
こんな言い合いを政務の合間に楽しんでいるのかもしれないね。

                    ※※

ホソダ長官、福田康夫前官房長官から交代して、いつの間にか、足掛け8ヶ月。
福田前長官から、「あの男なら任せられる」として後継を託されたのだが、
当初は、線が細いんだナ(→ホソィンダ、ナ→ホソ、ダ、ダナ?)、などの評もあった。

イラク問題、北朝鮮問題、道路公団改革、郵政民営化などの対応に追われながら、
なんだかんだ言われながらも、持ちこたえている。
トップにはならないが、トップを手堅く支える――、これもまた、生き方。

衆議院、島根1区、当選5回。
通常、官房長官は首相と同じ派閥から選ばれ、ホソダ長官も森派の所属。
父・細田吉蔵氏も衆議院議員、元運輸相だった。家族は夫人、一男一女。
官邸HPによれば、趣味は読書、コントラクトブリッジと。
そのほか、ピアノが弾けることも知られていて、
講演会の集まりなどで披露することがあるらしい。
「あ、間違えました。もう1回……」とか言いながら。

公式ホームページは以前と変わっていなければ下記のとおり。
・→http://homepage1.nifty.com/h-hosoda/

元通産官僚で、国会議員のなかではIT政策の専門家として鳴らしていたはずなのだけれど、
ソースを見ると、「"GENERATOR" content="IBM WebSphere Studio
Homepage Builder Version 7.0.1.0 for Windows"」。かなり素朴です。
初めて見たときには、私とおんなじホームページビルダーなんだ、と”感慨”が湧いた次第。

ちょっとホソダ長官に、サービスしたエントリーになったかな。
でも、いいよね、政治をウォッチするのに、人物研究は欠かせませんから。^^


※ホソダ長官のプロフは以前にも取り上げたことあり。読んでいた方はご容赦のほどを。^^
※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-02-08 19:03 | 風雲急!政局と選挙