週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国会開会。郵政民営化で問われる、ほんとうのこと。
先週の金曜日、21日に第162通常国会が開会した。
実は昨日までにエントリーしたかったのだけれど、時間が取れなかった。
一日遅れになってしまったけれど、感想などを書き留めておきたいと思う。

焦点になるのは、――というよりも、コイズミ政権が焦点に持ち出したのが「郵政民営化」。
普通であれば、国会においての「焦点」とは”対決法案”に等しく、
その対決は与党、野党の間で行われるのだと思われる。

ところが郵政民営化問題については、
民主党は基本的に反対の立場を表明しているが、
それはたぶんに政局をにらんでの反対であると思われる。

                    ※※

この問題では政府対与党、与党(執行部)対与党(大多数)の
対立のエネルギーの方が、与党対野党のそれを、はるかに上回っている。
それどころか、野党側は民主党だけでなく、この問題に著しく関心が低そうだ。
テレビなどでの各党間で交わされる議論を聞いていても、
野党側からピリリと啓示を受けることが、私にはとても少ない。

たとえば、民主党の中にも、かつて、コイズミ政権誕生の前、
コイズミ氏が呼びかけた超党派の勉強会に参加していた議員もいたはずだ。
しかし今は、郵政民営化について反対すれば自民党内の守旧派といっしょに映るし、
賛成すればコイズミ政権を利するだけになるし……と、ジレンマに陥っている。

また、一方で国民の関心も低いと見切り、自民党内の”紛争”を
高見の見物よろしく鳴りを潜めていても、自分たちは傷付かないと考えている。

                    ※※

竹中担当相は郵貯が集め、保有している350兆円もの資金について、
その異常さ、不健全さを論点に持ち出しているが、
議論の多くは、「特定郵便局」に支えられている、
いわゆるユニバーサルサービス(全国一律サービス)の存続のいかんに
問題が矮小化されている。

政府もコイズミ首相自身も、ユニバーサルサービスがなくなって良い――などとは
全く言ってもいないのに。

ただ、なぜ、郵貯の資金――、すなわち膨大な国債の引き受け資金、
さらには不適正極まりなく、結果的に日本の経済、財政を悪化させ、
国の借金を泥沼の状態にと引きずり込んでしまった、
財政投融資の原資についての議論を、正面から構えないのか。

たぶんそれは政府側からすれば、郵政民営化によって、
いまコイズミ首相、竹中担当相が企図しているように郵貯資金を市場に解放した場合、
その行き先について見通しが不明瞭であるからなのだろう。

否――、注意深く経済財政諮問会議などでの議論を読めば、
それらについても、ある程度のシミュレーションはわかるのかもしれない。
ゆえに、口をつぐんでいるだけなのかもしれない。

                    ※※

財政投融資制度は2001年に一度改革されてはいるものの、
いま、仕組みがそれほど変わったとも思えない。
第2の国家予算といわれた、昔から基本的にはいっしょのまま。
(政府はいま、財投予算の圧縮にけっこう本腰を入れていて、
かつて40兆円あった規模を来年度は17兆円まで押さえ込もうとしている。)

そしてその資金は、高速道路の建設に、空港の整備に、新幹線の建設に、
数知れない特殊法人、独立行政法人などが経営する、
これまた数知れない福利厚生の建設、運営に投じられてきた。

しかも、そこで生み出される借金は、非常に大きな割合で返済に滞ってしまい、
結果的に税金が投入され、返済されるという泥沼のスパイラルに陥っている。

                    ※※

だから、それを改革するとは、すなわち既存の権益に踏み込むことになる。
大量の国債発行でやっとやっと支えている国の財政を、当然にして揺るがす。

表ではユニバーサルサービスだの持ち株会社だの、課税の問題だのが、
議論の中心になっているのだが、きっと舞台裏では、
特殊法人、独立行政法人などの事業(多くは公共事業として営まれる)を
めぐっての闘い――に直結しているのだろう。

                    ※※

どうなるか……、これからの攻防いかんとは思うのだけれど、
オール・オア・ナッシングで考えずに、ここはひとつ、風穴だけでも開けれれば、
それはそれで良いのではないだろうか。


※小見出しはのちほど付けます。とりあえずアップします。^^
※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2005-01-23 13:55 | 風雲急!政局と選挙