週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
今回はハメられたかも。日中首脳会談、第二幕――、コイズミVS温家宝。
NHK午後10時のニュース10を聞きながら、キーを叩きはじめた。
冒頭のニュース。――先にラオスで開かれた日中首脳会談の席で、
中国の温家宝首相はコイズミ首相に対して
「中国への円借款(ODA)を打ち切れば、両国関係ははじける」――と、
ブラフ(脅し)をかけてきていたようだ。

まったくもって、驚いた。

私としては情報元は、今回も、APECのときと同じように、
中国側からのものと思わざるを得ない。
NHKはそれに乗っかって報道したのではないか。

今日、NHKが伝えた情報は、ほとんど中国側のセリフ、主張が中心になっていて、
NHKは「会談の詳しいやりとりが明らかになりました」などと原稿を読んだけれど、
とてもそんな代物じゃなかった。

                    ※※

●会談を仕掛けてきた中国側……、何か嫌な感じがしていた。

今回のコイズミ首相と中国・温家宝首相との会談は、APEC後、
日本側が動きを見せなかったのに対し、中国側から誘いがあったとの話が、
外務省筋から漏れていた。中国側は否定したが、
外務省が偽る理由も見つけにくく、そのとおりだと思われる。

事実、コイズミ首相はラオスに発つ前、インタビューに応じて
「日中韓、3カ国で首脳会談するので、2国間ではいいと思ったんですけどねぇ。
(靖国問題を持ち出されたときには)まあ、同じ話をするだけです」と話していた。

実は……、少し嫌な感じがしていた。中国側から申し入れがあったなんて、
何か魂胆があるのではないかと、引っかかっていた。

会談の結果は日本側、コイズミ首相にとって、まことにかんばしくなかった。
コイズミ首相からの発言は、靖国問題にしろ、潜水艦事件にしろ、
東シナ海資源開発問題にしろ、前回の胡錦濤主席にしたのとほぼ同じ内容。

それに対して中国側、温家宝首相は事前に、
コイズミ首相の発言を予想し、十二分に”研究”していたのではないか。
前回は五分と見ることもできたけれど、今日の報道によれば、
今回は気圧されて終わってしまったように思える。


今回、「首脳会談したい」……なんて言い出してきて、
ハメられたかもしれない。


                    ※※

NHKのサイトを開くと、すでに記事がアップされているけれど、
NHKのサイトは記事の更新が早く、すぐに見ることも読むことも
できなくなってしまうので、前回の日中首脳会談同様、
「」の部分を中心に、取り急ぎタイプ(コピペ)してみたい。

                    ◇

●ODA打ち切りになれば「2国間関係ははじける」――とブラフ。

【対中・ODA問題】
▽温家宝首相/今は、どうしても円借款が必要な状況ではないが、
中日友好の大局に立って決断している。
仮に、これを中止すれば、両国関係ははじける状況になる。
われわれは先の戦争の賠償を一銭も求めておらず、慎重に対応すべきだ。
仮に日本がこの問題を取りあげるならば、中国から中止を言いだすかもしれず、
中日友好には不利だ。

▽小泉首相/円借款は順調に行っていると考えており、
日中関係の大局に立って対応したい。

●「鈴を解くのは鈴を付けた人」――とコイズミ首相が元凶とアピール。

【靖国問題】
▽温首相/今の両国関係を困難にしているのは、日本の指導者の靖国参拝だ。
中国の古いたとえには「鈴を解くのは、鈴を結んだ人しかできない」とある。
日本の指導者が適切に対応して欲しい。小泉総理大臣は、胡錦涛国家主席や
私との会談を通じて、両国関係の発展を促進されるよう希望する。

▽小泉首相/私がこれまで靖国神社に参拝したのは二度と戦争をせず、
中国に迷惑をかけないという誓いと、心ならず戦地に赴き死んだ人に、
哀悼の意を表すためだ。日中関係を重視していないということはまったくない。

●「この問題をうまく処理すれば……」とささやきかけてきた。

【中国首脳の訪日】
▽小泉首相/日本に来られるならば、いつでも対応したい。

▽温首相/お互いの訪問が早期にできるよう希望する。
小泉総理大臣が、一歩踏み出すのなら、いろいろな問題が一気に解決できる。
来年は不幸な戦争が終結して60年の記念の年であり、
この問題をうまく処理すればチャンスの年になる。

●「資源の問題は複雑なので……」と主張を譲らず、既成事実化を狙う?

【東シナ海ガス田開発問題】
▽小泉首相/対立や摩擦を乗り越えて、日中が協調をしていかなればならない。

▽温首相/資源の問題は複雑なので、係争を棚上げして、
両国が協調することを提案したい。

●潜水艦事件への言及について口封じ。

【潜水艦領海侵犯事件】
▽温首相/チリで説明したとおり、この問題は終結すべきだ。

                    ◇

――と、まあ、言いたい放題、言われてしまったような次第。
「これをうまく処理すればチャンスの年になる」なんて、
ニンジンまでちらつかせているんだから。

30日の民主党議員による「日中経済交流促進議員連盟」については、
既報のとおりなのだけれど、あれも中国側による揺さぶりだったりして……。
まったく手練手管の外交攻勢だ。

囲碁と同じく、攻めているつもりが、一手によって、がらりと形勢が
逆転してしまうことだってある。
ほんとうに油断もスキもない、手練手管の、手強い相手だ。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-12-03 23:00 | 中国と、どう付き合う