週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
滝川被告に判決。裁判員制度の対象なら、どうなのだろう――? (速報)
昨夜は企業のカネにからむ事件――UFJ銀行の検査逃れについてエントリーした。
そしていま、お昼のニュースのトップで、政界、旧橋本派の
1億円裏献金(政治資金規正法違反)事件で判決が下りたと報道があった。
あっちもこっちも……、まったく忙しい。それで、ひと言のみコメント。

旧橋本派、元会計責任者の滝川俊行被告が
東京地裁から受けた判決は禁固10月、執行猶予4年(求刑・禁固10月)――。
ニュースによれば、量刑はこれでも厳しいらしいのだが、
しかしこれは、そもそも政治資金収支報告書への不記載に対するもの、
つまり正直に書かずに書類を提出しました――としては、厳しいというだけのハナシ。

ところで、今日の判決で注目すべきなのは、
同派会長代理であった村岡兼造元官房長官の共謀、関与を、
裁判長が、実にあっけらかんと認定していること。
村岡氏にかかわる部分においても、検察側の証拠は認められたことになった。

各報道では、村岡氏の裁判では、もちろん別の裁判長が担当することになるが、
「影響は免れないのではないか」――などと伝えている。

                    ※※

どちらかが嘘をついているわけなのだが、今回の裁判で
当事者間による証言の食い違いなどには言及がなかったようだ。
(※後ほど新聞にて確認します)

村岡氏は自身の潔白、冤罪を主張するなら、もともと自分の裁判において
戦う以外に道がなくなっていた。そして、マスコミなどの取材にも臆せず応じ、
関与をきっぱりと否定してきたのだが、今回の判決は少なくとも好材料ではない。

比べて、1億円の授受があった席に同席した他の政治家は起訴されていない。
幹部会に出席した議員も、もちろん不問。

これはもう、気にするなと言われても、気にせずにはいられない。

                    ※※

今、もし、裁判員制度がスタートしているとして、こうした滝川氏や村岡氏の事件も
裁判員が参加する事件となれば、果たして判決は、どうなるのだろう。
私が裁判員なら「不可解極まりない」――との疑念を
払拭したいと考えるだろうけれど、どうなのだろう……。

初公判から9日間での判決も、きっとないだろと思うけれど、
どうなのだろう…………。


とにかくヘンな裁判に思われるし、ヘンな話―――だ。


                    ※※
【追記/3日23:05】
村岡氏か滝川氏+平成研究会のどちらかが、嘘をついている。
しかし、そうは言っても判決は重い。
もし、村岡氏がいうように事実無根であれば、
旧橋本派の面々は滝川被告と口裏を合わせ、一人の老政治家を
よってたかって、スケープゴートに仕立て上げようとしていることになる。

しかし、村岡氏のたびたびの発言にもかかわらず、
それが虚偽であるか、忘れていただけなどとしたら、
それはもう詐欺も詐欺、痴呆も痴呆――ということになる。

検査側も裁判長も、村岡氏の潔白の主張は、当然にして知っているはず。
それでいて動じていないとは……。

どうも霧が立ち込めてきた。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-12-03 12:51 | 風雲急!政局と選挙