週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
中山大臣、黙ってお直しになったら良いのに。
中山文部科学相が歴史教科書について「極めて自虐的で、やっと最近、
いわゆる従軍慰安婦とか強制連行とかいった言葉が減ってきたのは
本当に良かった」(朝日)と述べたとされるニュースについて、ひと言だけ。

発言そのものを伝える報道としては、朝日新聞(サイト)しか探せなかった。
そのあとの、細田官房長官が「問題視しない」とコメントしたとの記事は、
各紙、各サイトにて読める。
・アサヒ・コム→http://qrl.jp/?145115

中山文科相の発言は、さっそく韓国メディアにおいて、
さらに変化した形になって報道されている。
・東亜日報→http://qrl.jp/?149068

                    ※※

従軍慰安婦問題、強制連行問題について、実態との乖離は否定できなさそうだし、
いまだに、こうした記述が教科書に載っているとすれば、
それは「自虐史観」だ――との意見にもうなずかざるを得ない。

そもそも、タウンミーティングにおける中山文科相の発言についても、
記事からは前後がよく把握できない。別に中山氏を弁護したいとも思わないが、
まさか、このことだけを言いたかったのではないだろうと思う。

だいいち、記事で把握できる部分についてだけでも、
「どの国の歴史にも光と影はある。悪かったことは反省しないといけないが、
すべて悪かったという自虐史観にたって教育だけはしてはいけない」などと、
「悪かったことは反省しないと……」との前置き(後置き?)も付いている。
少なくとも、従軍慰安婦や強制連行について、真っ向から歴史論議を
吹っかけているわけではなさそうだ。

                    ※※

と、以上の感想に付け加えてなのだけれど、
発言には、どうかご注意を――。そう、お願いしたくなった。

関係国において、こうした発言は決まって波紋を及ぼす。
歴史を自虐的になど、私も見たくないけれど、
だからと言って、心の中に去来するままに、あけすけに言ってはならない。
相手となる方々の受け取り方に思いをはせることは、絶対に必要だ。

私には、そもそも、なぜこの問題を政治家が議連までつくり、
大声出してアピールしたがるのかわからない。

教科書に問題部分があると思えば、
音もなく、殺気を潜めて……、スッと背後から近づき、
黙ってバッサリと、それをお直しになったらよいのではないか。

いちいち、待ってましたとばかりの、非難の矢面に立つこともないだろうに。

                    ※※

中山大臣の経歴を読み直してみると、東大を卒業し、大蔵省に入省。
夫人の中山恭子前内閣参与とは学生時代に恋愛。空手四段。
世銀などにも出向経験があり、文武両道のエリートさんだなあ……と思いたいのだが、
これまでのところ、あべこべに知略に欠けた人物に見えて仕方がない。

                    ※※

今回の三位一体改革における義務教育の国庫補助の問題――。
実は私は削減反対の気持ちを持っている。

義務教育のレベルは、まさに国家戦略として
取り組んで然るべきテーマではないかと考えるからだ。

しかし担当大臣が、これじゃあ………。



※やば。ホンネをあけすけに、去来するままに書いちゃったかナ?
※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-11-29 22:07 | 風雲急!政局と選挙