週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
村岡氏の起訴、溺れる犬を棒で叩く旧勢力……。
2日遅れのニュースになってしまうのだけれど、
どうしても気がかりなので、書くことにした。

日本歯科医師連盟から自民党旧橋本派への1億円裏献金事件で、
政治資金規正法に違反したとして在宅起訴された
元官房長官、村岡兼造氏が17日、民主党の「真相をただす会」に出席し、
自らの潔白について話したとのニュース。
昨日18日までに各紙において報道されている。

・日経→「村岡氏「帳簿管理は野中氏」・ヤミ献金事件の関与否定」(http://qrl.jp/?134894)
・夕刊フジ→「村岡たった1人の反乱『お金の権限は野中』」(http://qrl.jp/?146480)

                    ※※

このニュースに、とっさに浮かんだ言葉が、
溺れる犬は棒で叩け――。

村岡氏は民主党の会合で
「夢か幻か、しかし現実だ。昨年の衆院選で失敗した私が
スケープゴートにされた」(日経、18日)と言い、
まったく事件に関与していないことを力説した。

村岡氏は官房長官をつとめながらも、能弁な印象がない。
同氏は激昂している――というよりは、逆に感情を抑え、
必死に怒りをこらえながら話しているようだった。

それが、ちょっと痛々しく見えてしまった。

                    ※※

それにしても、この事件はいぶかしい。
それまで、まるで名前の出ていなかった村岡氏が、
突如として検察の取調べを受け、あれよあれよと在宅起訴されてしまった。

起訴されたのだから、いまは被告――。
しかも、落選の身。

検察はいかなる証拠のもとに、起訴に踏み切ったのだろうか……。
事後の、同氏の剣幕からすると、同氏が嫌疑について認めたとも思えないのだが。
起訴するには、それなりの証拠、供述がいるはずなのだが。
でなければ、検察は公判を維持できない事態に陥ってしまうわけだから。

                    ※※

もちろん、真相はわからない。たしかに、起訴された以上、
それは裁判で明らかにされると承知せざるを得ない。

だが、それにしても、同氏が「知らなかった」とする話では、
派閥の職務や関係者の口ぶり、対応などにも具体的にふれていて、
真実味を感じてしまうのだ。

橋本龍太郎氏が事件発覚後に「1億円のこと知らないか」と、
同氏に電話をかけてきたことにも、同氏は不可解としている。
派閥では、お金の問題は、同氏を選挙前に「毒まんじゅうを喰らった」と批判した、
野中広務事務総長(当時)が握っていた――とも話している。

だいたい、その1億円の小切手を日歯連から手渡された席にいなかった
村岡氏が起訴され、同席していたとされる野中氏、青木幹雄氏、
そして何より橋本氏がスルーなのだから、合点がまったくいかない。

                    ※※

村岡氏は昨年の総裁選において、毒まんじゅうを喰らったと攻撃され、
派閥内の政争に破れ、選挙で落選の憂き目に遭った。
そして今回の日歯事件で、今や、被告の身ともなってしまった。

村岡氏が事件に関与していたか、いなかったかは、当然のことながら
一方向の話で、こうだと思い込んではならないのだろうけれど、
であるとしても、ついこの間まで同氏自身が所属し、
幹部であったはずの派閥から、いまは石持て追われている。

たしかに、自民党所属の国会議員であったのに、
民主党の会合に出席して事件を語った――というのは、
ムラ社会の論理からすれば「利敵行為」にも映るのだろうが、、その前に、
同氏からすれば、仲間と思っていた人間たちからハメられてしまった。

同氏の立場に立てば、自分を守るためには、
利用できる機会はすべて利用し、戦う以外に道がなくなった。

                    ※※

少なくとも、もっと悪いヤツがいるのではないか――。

判官びいきと言われればそうかもしれないが、
もし、無実――と言うなら、きっとそれを証明していただきたいと、
少し応援したい気になっている。

                    ※※

この事件が、わがニッポンの将来を担う青少年に、
大人ってズルイ、政治はキタナイとの印象を、
またも与えてしまいそうで、教育上、非常にヨロシクナイ。

いじめも、キライだ。


よって、とても……ユルセナイ。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-11-19 17:40 | 風雲急!政局と選挙